ガラパゴスで最も楽しかった動物の宝庫イザベラ島! ウミガメ・ペンギン・青足鳥

  ガラパゴス諸島のなかで一番動物天国だったイザベラ島 もっとも、のんびり田舎の島で、スキューバで動物と泳いだり アシカと戯れたり、桟橋でひたすら海の動物を眺めたり、優雅なガラパゴス生活。 スポンサーリンク       ↑愛くるしい動物満載ガラパゴス映像つくったので、是非ごらんください!       イザベラは、ガラパゴスで一番好きな島。       そして一番、たくさんの動物に巡り合えた島である。   …続きを読む

ガラパゴス諸島での年越しは、意外に盛り上がっていた! 【年越し映像有り】~サンタクルス島~

  ガラパゴス諸島、サンタクルス島 最もガラパゴスで栄えているこの島で、ハッピーニューイヤー! 何も期待していなかったが、意外と年越しイベントがあって楽しかった。 ↓前記事 スポンサーリンク       ガラパゴス年越し。 何かイベントがあるか、全く知らなかったが、その響きが悪くないからここで年越しをすることにした。   海外で年越しする、というのは場所によってはビッグイベントもあり楽しめるのだが 僕はただ、ちょうどその時期にガラパゴス諸島あたりにいるから、微調整して来たのである。 因みに、今年度のニューヨークカウントダウンは大寒波で地獄だったそうで。       …続きを読む

【ガラパゴス諸島】アシカの楽園。反則的に愛くるしい子アシカ。 ~サンクリストバル島~[動物癒し映像有り]

  46ヵ国目エクアドルはガラパゴス諸島 1度は訪れてみたかった動物の宝庫ガラパゴスアイランド。 特にここサンタクルス島は、アシカの楽園だった!(映像は最後) ↓前記事 スポンサーリンク       今まで、アシカという動物を、正直かわいいと思ったことはあまりなかった。 水族館のショーで見るぐらいだったし、なかなかゴツイ動物だと思っていたのである。   しかし、ここガラパゴス諸島で野生のアシカを見て、一気に愛くるしい。           …続きを読む

世界一美しい教会(そんなことない)イピアレスのラス・ハラス ~ コロンビア ~

    エクアドルとの国境近くにある、イピアレス。 ここには、「世界一美しい」と有名なラス・ハラスという教会がある。 国境越えついでに寄る程度で、大して期待してなかったが。 ↓前記事 スポンサーリンク       「世界一」と聞くと、誰でもハードルが上がるものである。 しかし、世界中の教会を見てきた僕は、あえてかなりハードルを下げてこの場所に来ている。 なぜなら、大体写真を見て景色が想像できてしまう悪いクセがついてしまったのだ。       街からラス・ハラスの教会まで車で30分ほど。 そして、その光景を見て思ったことは。 …続きを読む

7色の海は本当だった!世界屈指の美しい海 サンアンドレス島 ~ コロンビア,カリブ海 ~【ドローン絶景映像有り】

  七色の海、サンアンドレス島。 コバルトブルー、エメラルドブルー、色とりどり世界屈指の美しい海。 ドローンで空撮した景色には、その名にふさわしい七色の絶景が広がっていた。   ↓前記事 スポンサーリンク       七色の海。 と呼ばれるサンアンドレス島。コロンビアと聞くとあまり美しい海のイメージはなかったが どうやらここは、世界屈指の美しいカリブの海が広がっているらしい。 中米ニカラグア近く、辺鄙な場所にあるのだが国内線が異常に安く行ってみることにしたのである。       海より山派な僕が、この島に呼び寄せられたのには、訳がある。 …続きを読む

世界遺産カルタヘナから、七色の海サンアンドレス島へ。 ~コロンビア,カリブ海の港町~

  コロンビア北部のカルタヘナ まるで軽井沢のような気候のメデジンからくると、グッと暑い。 ここはカリブ海を見るよりも、世界遺産の街並をあるきまわるのが面白い。 ↓前記事 スポンサーリンク       コロンビアからカリブ海が望める、港町カルタヘナ。 海は波が強く濁っていて、別に綺麗ではない。北部だが、まるで南国のような暑さと街の雰囲気がある。           ここカルタヘナの後は、「サン・アンドレス島」という 世界屈指の美しい海が見える島に行く。別名、七色の海! …続きを読む

【コロンビア絶景】謎の巨石岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」 ~メデジン・グアタペ ~ [ドローン絶景映像あり]

  45カ国目、コロンビアはメデジン ここ、メデジンに巨大奇石の絶景があるらしい。 断崖絶壁の岩の頂上からの景色は、想像以上に美しかった! ↓前記事 スポンサーリンク       ベネズエラを終え、コロンビアに来た。 よく訪れた旅人から聞く話では、兎に角「美女が多い!(特にメデジン)」「飯がうまい!」 ということで、楽しみにしていた国でもある。     治安最悪のベネズエラを去り一安心とはいえ   コロンビアも身を引き締めないといけない。日本人で強盗に遭った、という話もちょくちょく耳に入るのである。   …続きを読む

【旅情報】今、ベネズエラにバックパッカーで行くのが危険な理由。

      ベネズエラには、地球最後の秘境ともいわれる大自然の絶景がある。 有名な絶景と言えば、エンジェルフォール、ロライマ山(テーブルマウンテン) 実際に訪れてみても、50ヵ国ほどまわったなかでもベスト3に入る絶景であった。       今は、バックパッカーで行くのは危険である。   ただ、今のベネズエランの治安は僕が各国旅した中でも最悪と言える。まさに無法地帯。 結果から言うと、この記事で伝えたいのは 「ベネズエラにいくならば、信頼できるツアーで行った方が良い」 ということである。 実際に、自分もツアーで行ったのだが、そうして良かったと本当に思っている。 そういった情報は事前に聞いていて、ツアーにしたのだが、間違いはなかった。 あの絶景を見れて、安全を確保できるならば高いとは全く思わない。 …続きを読む

【大絶景,ドローン映像有】地球最後の秘境ギアナ高地。 5泊6日のロライマトレッキングpart③ “奇跡の絶景ロライマ大雲海 ” ~ ベネズエラ ~

  遂に、テーブルマウンテンの頂上へ。 そこには地球最後の秘境にふさわしい、大雲海の絶景が待っていた。 人生のなかでも随一の感動の景色。 ↓前記事 スポンサーリンク       やっと、頂上に辿り着いた。     ここはまさに地球の果て。異世界。 想像していた景色とは異なり、驚いた。         …続きを読む

【大絶景】地球最後の秘境ギアナ高地。5泊6日のロライマトレッキングpart② ”迫る断崖絶壁 ” ~ ベネズエラ ~

  地球最後の秘境、トレッキング2泊目 広大なる野原、アフリカのような青空、満点の星空 壮大なテーブルマウンテンが徐々に近づいてきた。 ↓前記事 スポンサーリンク         地球最後の秘境で、トレッキングをしている。 朝陽と共に起きて清々しい空気を吸いながら、そう思うとアドレナリンが湧いてくる。         断崖絶壁に近づくにつれ、天候の変化も激しくなってきた。   …続きを読む