旅ブログで、広告収入が安定して入るようなった3つの考察。


 

 

アフィリエイト(ブログ広告A8.net)での収入が

安定して入ってくるようになった理由を考えてみると、3つ上げられる。

 

旅ブログでの広告収入がいつの間に・・・。5年間の収入経過報告! 

 

 

① SEO対策を行っていたこと。

 

簡単に言えば、ネット検索に引っかかりやすくするのである。

例えば、下記のように検索したときに一番上に出ればクリックしやすい。(いつの間に自分のサイトがトップに出るように!)

 

無題
 

SEO対策を続けていたら、こういった他のサイトに勝てるキーワードが増えてきたのである。

検索上位に出るようになった記事とキーワード 

 

いくらでもネットにSEO対策方法が書いてあるが、しばらくは成果も出ないし、作業が面倒だったりする。

この作業を続けていたのが一番のキーポイントだと思う。

集客効果を最大化するWordPress の投稿方法.

 

 

そんなこんなで、いつも間にか検索トップに出るワードがこんなにも増えた。

こういった “強いサイト” が増えると、他の記事にリンクしてくれる人が増える。

そして、よく見てもらえる記事をハブ(中心)にして

収入が入りやすい記事に誘導してゆくことが可能になる。

 

 

当たり前だが、一番大事なのはどの広告が一番収入が入りやすく

どの記事から収入が入ったのかを自分で理解しておくこと

それがはっきりわかったことは、成果が出た大きな要因だと思う。

 

自分のサイトがどんなワードで調べられ、どれぐらいの集客があるのか解析するのも大事である。

解析は簡単に導入できるし、何より見ていて面白い。

初心者必見!【Google Analytics(アナリティクス)】の導入と使い方.

 

 

 

② 自分の趣味、好きなことを武器にすること

 

まず、自分の好きなことでないとブログは続かない。

そして読者はとても素直で、つまならく、有益な情報がないブログは読まない。

自分の場合は、旅と写真が好きなので、それについて書く。

旅で役立った装備情報や、写真で普段見れない海外の景色を見てもらう等、旅の擬似体験を提供するのである。

 

 

旅をして、ブログを書いてる人は多数いる。

けれども収入にしようとしてる人は少ない。

僕は旅ほど、簡単に人の興味を引き、ブログのネタに困らないものは無いと思うのだが

みんな挫折するのである。

 

 

まあ、自分の性格上、地味で地道な作業は嫌いじゃないし

無駄にコツコツやってく性格だから続けられてるのかもしれない。

兎に角、好きなもので地道に続けることが、近道である。

 

 

③  SNSで効果的な時間に発信する。

 

良い記事だからって、読まれる訳ではない。

他人にはマネできない面白い旅記事や、感動の写真、頑張って練って書いた記事

どんなに良い記事で、有益な情報があろうと、うまく発信しなければ埋もれるのがネットの世界である。

読まれる時間に、SNSを使って発信する。

これは簡単で、効果が出やすい。

5つのメジャーSNSが一番使われている曜日・時間帯を比較してみた‐ App Ape Lab.

 

 

極簡単に言えば、読まれない深夜にTwitterで拡散して50人読まれていたのが

出勤時間の読まれやすい時間に変えて100人の2倍に増えたのならば

広告を読む人も倍、収入もそれだけで倍になる可能性があるのである。

それをやらない理由はない。

 

 

自分の好きなことをブログで

コツコツ地道に

効果が出るように繰り返し実験

 

 

ゲーム感覚ぐらいで、実験を繰り返すのが楽しい。

まあ、いくらでもネットで書いてある情報なのだが

とにかく上記3つを根気よく続けてきたのが、成果が出た要因だと思う。

これからも、実験の繰り返し!!!

 

A8.net


 

▼ 次記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail

 

スポンサードリンク


   ▼ おすすめの記事 : 旅好きに人気の記事です!!!
 

あsdふぁ  rtntr ,iuku

 jkjhuk  nbmn fsafa.psderwerw


▼ 写真・カメラ記事: 一眼レフ初心者、必読の記事です!
 

asdfaklj hrsdfa ,uuuu

 
東南アジアのおすすめ記事 BEST 3
 

jvぞいxcz  weew  、ういゆ名称未設定 1

スポンサードリンク


タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です