【南極旅章No.3】南極の異世界に浮かぶ、青の絶景。 ~絶景巨大氷河集~

  南極の異世界に浮く青い巨大氷河は、絶景の連続で、1つ1つ色形が異なり飽きることがない。 この南極の海を、ゴムボートで探索しながら数々の絶景氷河と巡り合うのだが その中でも、特異な形をした氷河、感動した氷河の風景等々共有したいと思う!     「南極巨大氷河集」以下、ご覧あれ。       三角型氷河。真ん中にも△の穴が。               …続きを読む

【南極旅章No.2】70万が吹っ飛んだ感動の瞬間。5m先に突如現れた巨大クジラ&南極ペンギンパラダイス

    南極旅章No.1では、南極船旅とはどういうものか、船内やゴムボートでの南極海周遊の様子を書いたが No.2では、南極で出逢った生物、特に僕が動物のなかで一番好きなペンギンと、 南極で最も感動したクジラの写真をたっぷり共有したいと思う。       5m先に巨大クジラ出没&バブルネットフィーディング   クジラは、神秘的だ。 南極という地球の果てに生きる巨大生物が水面から顔や尾びれを出すたびに、胸が高鳴る。       遠くからクジラの姿を見つけては、ゴムボートでゆっくり近寄っていく。 静寂した空気のなか、クジラがヌメッと出てくる水の音や、潮を噴き出す音を聞きながらジッと眺める。 クジラを見ていると、ドキドキする。巨大な生物が目の前にいる高揚感と、 …続きを読む

【南極旅章No.1】人生で最も優雅な旅「12日間の南極船旅」の始まり、中南米縦断旅のゴール地点。

  中南米縦断旅のゴールとして、訪れた「南極」 巨大氷河、ペンギンの大群、何十頭も見たクジラ、世界の果ての風景。 その風景は、今まで訪れた各国のどの景色にも似つかない、まさに異世界。 訪れる人も少ないであろう、「南極」の景色をたくさんの写真、映像と共に是非とも共有したいと思う。 計三章で南極旅をまとめてみた。 第一章は「南極船旅の様子」 第二章は「南極の動物」 第三章は「南極の氷河」   記事最後に南極の絶景映像有り。   ※出版した「絶景大陸」にも南極の映像が収録されています。     〇〇万円の南極圏突入ツアー!   2月末、南米大陸の端っこ。 …続きを読む

自転車日本一周、世界一周の旅から5年経って思うこと。今に繋がっている事と、代償。

  日本一周と世界一周は、自分にとって一体なんだったのか——。 大学を卒業して、就職もせずに旅に出た2年間。 あれから5年の時が経ち、何が今に繋がっているのか。 その選択ををした自分に何を想うのか。     来週から20代最後に、中央アジアの旅(中国~トルコ陸路)をするのだがその前に振り返ってみたいと思った。 旅を様子を少し交えながら、思ったことをそのまま書く。1人の旅をした人間の体験談として見てもらえれば。     そもそものきっかけは、20歳の大学生の就活真っ最中のときに、 初海外一人旅でインドへ1カ月間飛び込んだことである。 なぜ行くことにしたかというと 過去にも未来にも、そして、当時の今にも、 「何も無い」と思った自分に嫌気がさして、違う世界を見てみたいと思ったから。 「何も無い」とは、やりたいことが無い。夢が無い。自分の意志が無い。 何だこの人生。もう嫌だ。である。 …続きを読む

旅の展示会 「ウユニ展」+「絶景大陸展 ~中南米&南極~」 多くのご来場ありがとうございました!

    4日間にわたり、半年旅をした中南米&南極の旅の展示会を行いました! 展示スペースを2つに分け、「ウユニ展」+「絶景大陸展 ~中南米&南極~」のタイトルで開催。 合計400名以上の方々に足を運んで頂き、有難うございました! 旅先で出逢った人、SNSで知り来てくれた方、同級生、元職場の方、フラっと来た人。本当にいろんな方々が! 終わって第一に思うところは、たくさんの出逢いと再会があり、やはり開催してよかったなと。 自身2回目の展示会で映像を初めて上映してみたり、個人的にも学べることがたくさんありました。     来れなかった方のために、そして自分の記録としてどのような展示会だったか、まとめたいと思います。 まずは1ヵ月滞在して撮影したウユニ展。           …続きを読む

世界一周や長期海外旅行で最も後悔したことは、プライオリティパスを持っていかなかったこと!!!

(http://okane-hosoku.com/rakuten-goldcard/)   1年間の世界一周旅と、半年間の中南米縦断(南極まで)を経験して、最も後悔したこと。 まず頭に浮かぶのは「プライオリティパス」を持っていかなかったことである。。 自分だけでなく、多くの旅人が旅を終えてから後悔しているの見てきた。 何故持って行かなかったのか自分でももったいなかったと思っている。。   プライオリティパスで世界中の空港ラウンジが使え、快適に過ごせるのはご存知だと思う。 「プライオリティパス」なにそれ?という人は、今すぐ知った方が良い。 感覚的には、旅中に出逢った長期旅行者の半数以上は、持ってたかな。   僕はその存在を知りながらも、まあいっか、と詳しく調べずに持っていなかった負け組なのだが。 (実際、「プライオリティパス」を持っていない長期旅行者は大概後悔している。)   僕の後悔の経験談を交えて、これから旅をする人、まあいっか~と思ってる人、がタメになるプライオリティパスの話。     プライオリティパスって何が良いの? …続きを読む

【ウユニ情報・完全版】ウユニ行く人、必読!!! 1ヵ月滞在して得た情報全て共有します。

  世界一の絶景ウユニ塩湖に1ヵ月滞在して得た、全ての情報をここに共有します! 他記事では書いていない貴重な情報もたくさん詰まってますので、これから行かれる方は必読。 各記事には、ウユニの絶景写真付き。   スポンサーリンク 世界一の絶景ウユニ塩湖、幻想的な鏡張について。 全4レポートにまとめた鏡張りの条件、絶景頻度、ウユニ情報、撮影情報。     ウユニ塩湖で流行りのウェディングフォトについて。 1つのイベントとして、ウユニウェディングフォトはオススメです。 世界一の絶景×ウェディングドレスは美しい。     ウユニの絶景4Kタイムラプス&ドローン映像 筆者が1ヵ月滞在して撮影した26451枚をまとめたタイムラプス映像と、ドローン映像をご覧ください。 映像のみ見る場合、リンク下に動画あり。 …続きを読む

メキシコの祭り「死者の日」日本人のフェイスペイント集。密着撮影してみた。【4K映像あり】~メキシコシティ~

  中南米縦断の旅、最初のイベント「死者の日」の祭り! メキシコでも大きな祭りの1つ。多くの人がフェイスペイントをして楽しむ。 今回は、出逢った日本人たちが顔に髑髏ペイントする様子を密着して撮影してみたら なかなか面白かった!(4K映像有り) ↓前記事 スポンサーリンク         死者の日とは、日本で言うお盆のようなもの。 しかしメキシコでは、日本のようにナスやキュウリに割り箸刺したり、チーン、といった感じではなく 街中で盛大にパレードが行われる、とにかくみんなで楽しむイベントなのである。     ここメキシコシティでは、本来の「死者の日」の約1週前にパレードが行われるのだが 実は、シティで行われるようになったのはつい最近。 …続きを読む

【旅人注意】日本人宿で起きた盗難事件。一時帰国する羽目になったわけと、犯人を捕まえるまでの一部始終。

(↑これは、一体なんでしょう。後ほどわかります。。)   まず自分の近況報告からすると、予期せぬ事件に巻き込まれ、只今日本に一時帰国中です。。 タイトルには盗難事件と書いてありますが、普通の盗難ではなく、狂気的に思える犯行で鳥肌立ちました。本当に。   事件の話を他の旅人にすると、共有したほうが良いという意見が多かったので 他の旅人への注意喚起、自分の反省点も含め少し長いですが一部始終を書きます。 せっかく読んで頂けるのであれば、自分だったらどういう対応をしていたかてみると面白いかもしれません。   日本を出て一週間、とある日本人宿で事件は起きた。 今回中米は初めてで、情報収集含め、日本人宿に泊まることにしたのである。 (宿名と、犯人の名前は伏せます。) スポンサーリンク     朝起きると、自分のパソコンが無い――。   状況は若干複雑だが説明しておこう。 …続きを読む

【必読!】旅写真のバックアップは、アマゾンプライムが最強。RAWでも無制限クラウド保存可能。

  旅写真のバックアップは、必須。 自分は盗難に遭い写真を失った経験があり、他の旅人では保存していたポータブルHDDが壊れて旅写真が全滅 というのも、実は旅中は珍しくない話。 そういうときに皆口にするのが、「まさか自分が!」、である。 想像してみてください。例えば長期旅に出て、2カ月東南アジア10ヵ国ほど周ったとしましょう。 絶景、現地の人との出逢い、いろんな思い出の写真をこのために買った一眼レフで何百枚も撮影。 そういった写真が全て消えたら、発狂ものですよね。僕は今までで一番好きな国(40ヵ国ほど中)イランの写真が1枚も残っていません。。     一生残る宝物ですので、バックアップした方がいいですよ。 ネットさえ繋がれば、寝てる間にぺぺっとやるだけで、クラウドに保存されて安心できるので。 そのクラウド先に上げられるのは、大体この2つ。     Amazonプライムか、Googleフォトか。     …続きを読む