世界一身長が小さいピグミー族の村へ。~ピグミー族はスタミナ食として食べられていた~

  首都カンパラでの賄賂・バス故障・スリを乗り越え ウガンダに来たら是非会ってみたいと思っていた民族「ピグミー族」の村へ向かう。 世界一小さい民族と呼ばれるピグミー族とはいかに。 前記事:国境での賄賂、バスの故障で深夜到着、 一眼スラれる。 人生最悪の誕生日。~ブラックアフリカの洗礼~ スポンサーリンク   ウガンダの西、コンゴ民主共和国の近くにこのピグミー族の村がある。 ローカルバスの運転手にピグミー族に会いたいことを伝えると、 「ピグミー族は貧しい生活をしているから、こういうパンとか買ってくと喜ぶぞ」 と言われ、大きめのパンを買ってから向かった。 運転手が、ピグミー村への入口で降ろしてくれるのだが。     降りるとこの景色。この先にピグミー族がいるらしい。ウガンダの中でもド田舎の風景だな。 これ、ふつう複数人で来るやつかなあ。と思いつつ1人でそそくさと現地人に交じりながら歩く。 …続きを読む

国境での賄賂、バスの故障で深夜到着、 一眼スラれる。人生最悪の誕生日。~ブラックアフリカの洗礼~

  29カ国目、アフリカ東部のウガンダ 世界三大悪都市と呼ばれる首都ナイロビから逃げるようにウガンダへ脱出したが 待ち受けていたのは、賄賂、スリ、バスの故障など、アフリカの洗礼を受けることとなる。 前記事:10m先で爆発!? 恐怖の世界三大悪都市ナイロビに到着。 ~ ブラックアフリカ編スタート ~ スポンサーリンク   人生最悪の誕生日の幕開けである。   当初の予定であれば、南米のウユニ塩湖で絶景を前に誕生日を迎えるはずだったのだが 例によって、アフリカの好奇心を抑えることができず、こうして ゴキブリも出るおんボロバスに乗って、ケニアからウガンダへ移動している。     …続きを読む

【絶景】 サハラ砂漠の感動の絶景  ~美しすぎる朝陽夕陽の瞬間~

  世界一周の中でも特に楽しみにしていたサハラ砂漠。 地平線の先まで一面砂漠が続くオレンジの絶景。 朝陽、夕陽の瞬間は震えるほど感動する瞬間である。   スポンサーリンク     前記事:モロッコ癒しの田舎風景トドラ渓谷 旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら ▼ 最新記事の更新をお知らせする               …続きを読む

【青の絶景】青の街シャウエン 青&猫&夜景 ~ モロッコ来たら絶対行っとけ! ~

  まさに青の絶景、青の街シャウエン モロッコに訪れる際には是非訪れて欲しい場所である。 一面、青の世界の美しさ、厳選した写真たちをご覧あれ!!! (それでも写真多くて2記事にしようかと思ったけど1記事で完結!)   スポンサーリンク   前記事:まさかのモロッコで雪景色!?世界三大ウザイ国モロッコのイメージ激変! 旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら   ▼ 最新記事の更新をお知らせする             …続きを読む

[絶景]ヨーロッパ感動の絶景ランキングBEST5

世界一周中にヨーロッパ11ヵ国をまわった中で、 感動した絶景ランキングベスト5を厳選!   【ヨーロッパBEST3】面白かった国ランキング!!! 【東南アジアBEST3】面白かった国ランキング!!! [ 絶景 ] 世界一周で訪れた東南アジアの絶景ランキング、ベスト5!!!   ▼ 最新記事の更新をお知らせする             スポンサーリンク   …続きを読む

【ヨーロッパBEST3】面白かった国ランキング!!!

  世界一周中にヨーロッパ11ヵ国をまわった中で、 独断と偏見で、面白かった国ランキングベスト3を厳選!   ▼ 最新記事の更新をお知らせする             スポンサーリンク     訪れた国々 ブルガリア、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、クロアチア、 チェコ、ハンガリー、オーストリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル     …続きを読む

人間の負の遺産、鳥籠と呼ばれるパレスチナ自治区に訪れて感じたこと。~ イスラエル ~

  イスラエル、パレスチナ自治区に訪れて感じたことをそのまま記した4記事をまとめる。 今までの人生や、日本に生まれたこと、旅をしていること、様々なことを振り返り考えさせられた。 パレスチナで起きている問題を知るとともに、何かを感じてもらえれば。   スポンサーリンク ▼ 最新記事の更新をお知らせする               【パレスチナ自治区の記事】 【パレスチナ自治区ヘブロン】”本当の被害者” パレスチナ自治区 ヘブロンの日常 | …続きを読む

中南米縦断4K撮影の旅に持っていくドローン、一眼レフ、3本のレンズ、アクションカム。

    旅とカメラは自分にとっては切り離せないもので 旅をするたびに、機材のランクが少しずつ上がっていってる!(汗)     今回の中南米縦断での目標 ・旅後に写真個展をやる。(前回の旅写真個展より、質を大きく向上させる) ・コンテストに応募して入賞を狙う。 ・旅の映像作品をたくさん作る。 (今後の自分の活動に繋げる。帰国後も映像の仕事を続けるので。)     前回、長期旅をしたあと、ブライダルの映像会社にて働いたから 映像撮るほうが写真よりと得意かもしれない。 というわけで、持ってく機材が多い。。   中南米縦断の旅計画。From …続きを読む

中南米縦断の旅計画。From メキシコ to 南極大陸 旅ルートと予算。

    10月初旬より、念願の中南米縦断の旅をスタートさせる。   追記:なお、初日に事件が起きたため、少し遅れてスタートしてます(笑   今まで各国(41ヵ国)を旅したなかで一番面白かった、南米大陸。そこをもっとじっくり味わいたいのである。     (前回撮影したウユニ塩湖)   僕だけでなく、世界各国を周った旅人たちの多くは南米大陸が特に面白いという。 そして、特に南米のパタゴニア地方(南部)の大自然が絶賛されるのである。     もちろん、そのためにいったん仕事は辞める。 思い返せば、20歳のころインドへ初めて一人旅をしてから旅の熱はまだ冷めていないらしい。 自転車で日本一周して、其あと世界一周して、それでも足りないみたいだ。 …続きを読む

華麗なる東欧のクリスマス巡りが超おすすめ!プラハ・ウィーン・ブダペストを一気に堪能!

   東欧のクリスマスがオススメな理由は、 お洒落なイルミネーションだけでなく、一度に多くの都市を訪れることができるところである。 各国、各都市間の距離が短いために、クリスマスに開催される各地のクリスマスマーケットなどを見比べることができる。       中でも一番のおすすめは、     ブダペスト(ハンガリー)     ウィーン(オーストリア)     プラハ(チェコ)   …続きを読む