パレスチナ自治区 ~ 悲しき分離壁に無数に描かれたアートたち(心の叫び) ~

  パレスチナ自治区の分離壁に無数に描かれた、平和を祈るアートたち。 その中でも、印象的で考えさせられるものがいくつかあり、そのアート(心の叫び)を共有してほしい。   スポンサーリンク   前記事: パレスチナ自治区ベツレヘム ~デモで遭遇した黒マスクの少年~  旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら   ▼ 最新記事の更新をお知らせする               …続きを読む

パレスチナ自治区ベツレヘム ~デモで遭遇した黒マスクの少年~

  デモで黒マスクを被った少年に遭遇。 マスクの隙間から見える表情には彼の憎しみの念が滲み出ているように感じた。   スポンサーリンク   前記事:パレスチナ自治区 ヘブロンの日常  旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら   ▼ 最新記事の更新をお知らせする              パレスチナ自治区のベツレヘムの街を巡ってみた。 …続きを読む

パレスチナ自治区 ヘブロンの日常

    パレスチナ自治区のヘブロンの街を散歩することにした。 実際に訪れて日常を見ると、イメージとは大きく違っていた。 やはり、自分の目で見て、現地の人と触れ合わねばわからないことが、たくさんある。   スポンサーリンク   前記事: 【パレスチナ自治区ヘブロン】”本当の被害者”  旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら   ▼ 最新記事の更新をお知らせする           …続きを読む

【パレスチナ自治区ヘブロン】”本当の被害者”

    おそるおそる、エルサレムの街からパレスチナ自治区ヘブロンへ、ローカルバスで向かった。   心境としては、「本当に大丈夫だろうか」 という不安は少なからずあった。 複数人で共に行動しているし、紛争地帯のガザ地区に行くわけでもないが。でも、大丈夫だろうか。     前記事:イスラエル景 Sunrise/Sunset/Night 旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら                …続きを読む

イスラエル景 Sunrise/Sunset/Night

スポンサーリンク   前記事:地球の地表最低地点で、浮く。 ~イスラエル死海~  旅の最新記事、ハイライトはこちら 人気記事・おすすめ記事はこちら   ▼ 最新記事の更新をお知らせする                 白い街。 夕陽が沈む瞬間、陽が街をオレンジ色に染め、息を呑む景色。 そして、陽が隠れた途端に静寂に包まれる。 …続きを読む

世界三大宗教の聖地エルサレム~キリスト教の聖地にて思ふ。~

      前記事:宗教三大聖地 イスラエル 嘆きの壁  最新の記事はこちら 旅のハイライトはこちら         ユダヤ教の聖地 「嘆きの壁」 から、キリスト教の聖地へ 聖地をハシゴすると変な気分である。 異なる信仰を持つ人、祈る人々、涙を流す人の姿 一言で言えば、まさに異世界。 …続きを読む

世界三大宗教の聖地 イスラエル 嘆きの壁

      前記事: 世界の縮図、混沌のイスラエル  最新の記事はこちら 旅のハイライトはこちら     ユダヤ教徒の聖地 「嘆きの壁」 なぜ、聖地なのに人々は嘆き悲しんでいるのだろう。 なぜ、宗教の聖地がいくつもこの地にはあるのだろうか       手前に見える壁が、ユダヤ教徒の聖地、嘆きの壁 奥の黄金色のドームが、イスラム教徒の聖地 キリスト教徒の聖地も歩いて数分   …続きを読む

世界の縮図、混沌のイスラエル

      前記事:実はアートすぎる「ベルリンの壁」~ ヨーロッパ脱出、そして中東の巻 ~  最新の記事はこちら 旅のハイライトはこちら     イスラエルへ訪れるのは、少しの勇気が必要だった。 パレスチナ自治区など、テレビで流れるニュースでは正直あまり安全ではない、というイメージを持っていたから。 それに、東欧ブルガリアからドイツまでクリスマス巡りなんかしてヌカヌカと旅をしていたものだから、旅の感が鈍っている気もしていた。     ヨーロッパから、中東へ一気に旅の舞台を変えるのは何も難しいことは無く インターネットでポチっとチケットを手配するだけ。 そう、ドイツまで北上したのは、単にイスラエルまでのチケットが安かったから、というのが大きな理由である。 …続きを読む