世界遺産コトルのささやかすぎるクリスマス ~東欧モンテネグロ~

                        東欧クリスマスマーケットをめぐるべく ジェットコースターのように東欧北上中。 世界遺産コトルは、期待以上に素晴らしい絶景で 久しぶりに景色に感動したのである。 (前記事:東欧の絶景フィヨルド、世界遺産コトルの美しすぎるアドリア風景)       …続きを読む

東欧の絶景フィヨルド、世界遺産コトルの美しすぎるアドリア風景

                      世界一周17カ国目 東欧クリスマスマーケットを目指して、 バルカン半島北上中! 未知の東欧、アドリア風景は期待以上だ。 (前記事:井の中の旅蛙、大海を知らず? )         …続きを読む

井の中の旅蛙、大海を知らず?

                    “ 今の自分にしかできない” 二度と無い旅のなかでの 感情や葛藤は、人生の中でとても貴重で、贅沢な経験である。   実際に旅しながら書いた日記の言葉をもとに、忘れたくない旅の感情を記す。 世界中を旅しながら、そのときリアルに感じたことを、そのまま旅日記シリーズ。 (前記事:秘境の国アルバニアの匂いと、人差し指の第一関節。 ~ 欧州の東南アジアと呼ばれる謎の異国 …続きを読む

秘境の国アルバニアの匂いと、人差し指の第一関節。 ~ 欧州の東南アジアと呼ばれる謎の異国 ~

                世界一周16カ国目 欧州最貧国の秘境アルバニア 99.9%の日本人が訪れないアルバニアのクリスマス 異国感溢れるこの国を、彷徨う (前記事:99.9%の日本人が一生訪れないヨーロッパ最貧国、アルバニアのクリスマスマーケット)   ここは、ヨーロッパだろうか。 地元の人が通う庶民的なマーケットに来ると、ついそう思ってしまった。 西欧はまだ訪れてないが、東欧、特にアルバニアはヨーロッパの雰囲気とはまた 少し違うようである。     …続きを読む

99.9%の日本人が一生訪れないヨーロッパ最貧国、アルバニアのクリスマスマーケット

                  盗難後の沈没から、東欧を巡る特急の旅 新しく手に入れた一眼レフの練習をしながら ブルガリア、マケドニア、そして東欧3カ国目アルバニアへ。 バルカン半島、北上中! (前記事:幻想風景、夕暮れに染まる世界遺産オフリド湖 ~東欧マケドニア~ )       ” ヨーロッパ最貧国”  ” …続きを読む

幻想風景、夕暮れに染まる世界遺産オフリド湖 ~東欧マケドニア~

                東南アジアを終え、中東イランで盗難に遭い ブルガリアで新しいカメラを手に入れた。 失うものあれば、得るものあり。 事件を通して様々なことに気づかされたのである。 そして新地、東欧巡りの旅が始まる。 (前記事:旅と僕と、ブルガリアに届いた新一眼レフ ~ 旅第二章のはじまり ~ )     東欧マケドニアは世界遺産オフリド湖 …続きを読む

旅と僕と、ブルガリアに届いた新一眼レフ ~ 旅第二章のはじまり ~

                       イランの盗難事件にて、電子機器全滅 トルコのトラブゾンにて2週間の沈没後 日本から送ってもらった新しい一眼レフを受け取りに 東欧はブルガリアへ。 再びカメラを手に入れ始まった、旅の第二章。 (前記事:失って気付くもの、日常を捨てて旅に出ること。 ~トラブゾン沈没の2週間~)     …続きを読む

失って気付くもの、日常を捨てて旅に出ること。 ~トラブゾン沈没の2週間~

                       東南アジアを終え、新天地、中東へ。 そして、イランで盗難事件に遭い電子機器をすべて失った。 向かった先は、イランから西へ行ったトルコの港街トラブゾン 沈没しながら、これからの旅を考える。 (前記事:人が死ぬ瞬間を目撃してしまった旅先での感情 ~ イラン盗難事件の前兆 ~ )   …続きを読む

人が死ぬ瞬間を目撃してしまった旅先での感情 ~ イラン盗難事件の前兆 ~

                     [ ~プロローグ~ ] 東南アジアのネパールから、中東のイランへ。 中東のイメージをぶち壊した最も楽しい国となったが 首都テヘランにて、iphone,一眼レフ,PCを全て盗難されてしまった 電子機器は全消滅。旅は、大転換期 実はその前日、不吉な兆しを感じていたのだ (前記事:それでも、イランが大好きだ。 盗難事件により、電子機器全消滅の巻) …続きを読む

それでも、イランが大好きだ。 盗難事件により、電子機器全消滅の巻

                  人生最高の感動ヒマラヤトレッキングを終え 東南アジア最終国であるネパールを出た 行先は、異国中の異国、中東イラン そして恐れていた事件が遂に起こってしまった 旅が、大きく変化することになる (前記事:【 最終話 】 感動のヒマラヤトレッキング ~ 忘れぬ感動、僕は銀河の塵 …続きを読む