【南極旅章No.1】人生で最も優雅な旅「12日間の南極船旅」の始まり、中南米縦断旅のゴール地点。

  中南米縦断旅のゴールとして、訪れた「南極」 巨大氷河、ペンギンの大群、何十頭も見たクジラ、世界の果ての風景。 その風景は、今まで訪れた各国のどの景色にも似つかない、まさに異世界。 訪れる人も少ないであろう、「南極」の景色をたくさんの写真、映像と共に是非とも共有したいと思う。 計三章で南極旅をまとめてみた。 第一章は「南極船旅の様子」 第二章は「南極の動物」 第三章は「南極の氷河」   記事最後に南極の絶景映像有り。   ※出版した「絶景大陸」にも南極の映像が収録されています。     〇〇万円の南極圏突入ツアー!   2月末、南米大陸の端っこ。 …続きを読む

【絶景映像あり】南米随一の絶景「ペリトモレノ氷河」トレッキング、美しき青い氷河の洞窟 ~パタゴニア・アルゼンチン~

  パタゴニア随一の圧倒的絶景、ペリト・モレノ氷河 今回の旅のなかでも、屈指の絶景である。 世界第3位の氷河群。なかでも氷河トレッキングは大感動の連続だった。   ↓前記事 スポンサーリンク           圧倒的、絶景。 パタゴニアは本当に絶景の連続で驚かされる。 フィッツロイも一生忘れないような景色だったが、ペリト・モレノ氷河も負けてない。     氷河はこんなにも青いのか。一面に広がる青い氷河群は、視界のずっと奥まで広がっている。 …続きを読む

【絶景映像あり】 フィッツロイトレッキングpart③ 人生で最も綺麗な虹を見た。 ~パタゴニア・アルゼンチン~

  パタゴニアの絶景「フィッツロイ」トレッキング最終日。 朝起きると、今まで生きてきた中で、一番綺麗な虹を見た。 ↓前記事 スポンサーリンク     最終日、雨。 朝目覚めると、起き上がるまでもなく、雨粒が降ってきて朝陽が見えないことを悟る。 テント無しの寝袋だけだったが、ポンチョをかけて寝ていて正解。   雨量を確かめるために、テントサイトの林からポツリ歩いてみると、美しい虹が架かっていた。 急いでカメラを撮りにもどる。小雨だから、なんとか撮れそうだ。       虹ってこんなに綺麗に架かるのか。目の前に見えるし、端から端まで綺麗なレインボー。しかも2重。 最初は霧がすごかったが、うっすら陽も射してきてクッキリ虹が映る。これは、朝陽より良いものを見た!ラッキー! …続きを読む

【絶景映像あり】 フィッツロイトレッキングpart② 紅に染まる荘厳なるフィッツロイ ~パタゴニア・アルゼンチン~

  パタゴニアの名峰「フィッツロイ」 そのなかでも、フィッツロイの朝焼けは皆が見たいと思う絶景の1つである。 前日は、道に迷い見れず。そして、二度目のチャレンジ。トレッキング2日目。 ↓前記事 スポンサーリンク     朝3時。起きると、満点の星空が広がっていて安心した。 今日は、綺麗な朝焼けが見える。そう思うとワクワクして、予定より1時間早く出発することにした。     星が美しい。しかし、「綺麗だな~」と上を見上げると、たまに突風が吹いて落ちそうになるから気を付けないといけない。 荷物は多少キャンプサイトにおいてきたから、昨日より楽だ。 頂上に着くと、どうやら僕より先に1人40歳ぐらいのドイツ人。僕は2番目みたいだ。彼と喋っていると 「水のペース配分間違えて、今すごく喉が渇いている。」と言ってくるので、「少しだけあげる」と自分の水を渡すと一気にゴクゴク飲まれる。 想定外のグビグビっぷりに、こっちの動揺した苦笑いにも相手は動じずに、笑顔でありがとう、と言ってきた。 まあ、今日は天気が良いから許す。絶対後で自分の喉がカラカラになる・・・ …続きを読む