メキシコの祭り「死者の日」日本人のフェイスペイント集。密着撮影してみた。【4K映像あり】~メキシコシティ~

  中南米縦断の旅、最初のイベント「死者の日」の祭り! メキシコでも大きな祭りの1つ。多くの人がフェイスペイントをして楽しむ。 今回は、出逢った日本人たちが顔に髑髏ペイントする様子を密着して撮影してみたら なかなか面白かった!(4K映像有り) ↓前記事 スポンサーリンク         死者の日とは、日本で言うお盆のようなもの。 しかしメキシコでは、日本のようにナスやキュウリに割り箸刺したり、チーン、といった感じではなく 街中で盛大にパレードが行われる、とにかくみんなで楽しむイベントなのである。     ここメキシコシティでは、本来の「死者の日」の約1週前にパレードが行われるのだが 実は、シティで行われるようになったのはつい最近。 …続きを読む

カラフルな街並みグアナフォト、10月のセルバンテス祭(SHORT MOVIE 有り)

  カラフルな街並みで有名なメキシコのグアナフォト。 10月はセルバンテス祭という文化祭がグアナフォトで行われいて、とても賑わっていた。 特に夜は、街のいたるところで演奏があり見応えあり! 前記事↓ スポンサーリンク     グアナフォトの絶景ポイント、ピピラの丘から街を一望できる。 密集したカラフルな建物群が美しい!!!       20分ぐらいで丘まで辿り着くのだが、やけに息上がるなと思ったら標高2000mぐらいあるらしい。 メキシコシティの宿に荷物を置いて、最低限の必要品だけもってこの街にきたのだが、1つ持ってくればと思った荷物が。 ドローン!   こんな街中で飛ばせるはずないと思っていたが、旅行者数人、ピピラの丘でドローンを飛ばしていた。 …続きを読む

【旅人注意】日本人宿で起きた盗難事件。一時帰国する羽目になったわけと、犯人を捕まえるまでの一部始終。

(↑これは、一体なんでしょう。後ほどわかります。。)   まず自分の近況報告からすると、予期せぬ事件に巻き込まれ、只今日本に一時帰国中です。。 タイトルには盗難事件と書いてありますが、普通の盗難ではなく、狂気的に思える犯行で鳥肌立ちました。本当に。   事件の話を他の旅人にすると、共有したほうが良いという意見が多かったので 他の旅人への注意喚起、自分の反省点も含め少し長いですが一部始終を書きます。 せっかく読んで頂けるのであれば、自分だったらどういう対応をしていたかてみると面白いかもしれません。   日本を出て一週間、とある日本人宿で事件は起きた。 今回中米は初めてで、情報収集含め、日本人宿に泊まることにしたのである。 (宿名と、犯人の名前は伏せます。) スポンサーリンク     朝起きると、自分のパソコンが無い――。   状況は若干複雑だが説明しておこう。 …続きを読む

「死者の日」前夜祭!メキシコシティでの祭り1週間前にもパレードがあった!(映像有り)

  中南米縦断、初記事。 今回の中南米縦断は、3年前の日本一周、世界一周の続きと言っても過言ではない。 変わったことと言えば、少し機材が良くなったのと、映像も撮るようになったこと、年を取ったぐらいかな。(27歳) できるだけリアルタイムで旅を共有、疑似体験してもらえれば嬉しい。現地で映像も編集してお届けしていく予定。 前回は途中で盗難に逢いブログも全てストップしたが、今回はどうだろう。 現在地は、累計42ヵ国目のメキシコ     スポンサーリンク   思ったよりも、以前の旅感がすぐに蘇ってくる。   最初の街、メキシコシティを散歩してて思うのは、やはり治安は良くなさそうだ。 日本から来てすぐのために、警戒心が強いのもあるかもしれないが。   そういえば、初っ端ミスしてしまった。出国前にも大ミスをしているのだが。。   …続きを読む

搭乗拒否から1週間、最短でアメリカビザゲットして無事出発!できるはず!(航空券変更で4万飛んだけど)

  (写真に特に意味はありません。猫が特別好きなわけでもありません。昔旅中に撮ったやつ。)   本当なら、1週間前にメキシコにいるはずなのに 31年ぶりの寒い日に、日本にいる僕です。 やっと、アメリカビザが取れ、航空券も変更して頂き、本来の出発日より1週間後の明日、出発!!!   【ここまでの事件の経緯】     初っ端、搭乗拒否で出ばなをくじかれたわけですが、 その後は、うまい具合に全て最短で手続きを済ませることができました!   事件当日にアメリカビザ申請の書類提出・面接の予約 ↓ 最短の面接日である4日後に面接 ↓ 2日後に再び大使館に訪れ、直接受け取りに成功(本来面接より1週間ほどかかるといわれる。) …続きを読む

日本から出国できず!!!!! イランに渡航歴があるため、アメリカのESTAではトランジットさえ不可能!

    まず、結論から言うと。 空港まで行ったのに、出国できませんでしたー(;´Д`) 航空券が・・・     なぜかというと!     2016年1月21日より、ある対象者はアメリカにビザなし入国が出来なくなった!らしい!(トランジットも) 2011年以降に5年以内にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに 渡航歴がある人はビザを取得しなければならない。(テロ対策強化) 僕は5年以内にイランに訪れているため、ビザの取得が必要だったのに、取ってなかった!!!     今回僕が勘違いしてしまったのは 今回、アメリカ(ロス)経由のメキシコ入りということで 通常は、ESTA(電子渡航認証システム)を取得すればいけるはずなのだが(トランジットのみでもESTAが必要) …続きを読む

中南米縦断4K撮影の旅に持っていくドローン、一眼レフ、3本のレンズ、アクションカム。

    旅とカメラは自分にとっては切り離せないもので 旅をするたびに、機材のランクが少しずつ上がっていってる!(汗)     今回の中南米縦断での目標 ・旅後に写真個展をやる。(前回の旅写真個展より、質を大きく向上させる) ・コンテストに応募して入賞を狙う。 ・旅の映像作品をたくさん作る。 (今後の自分の活動に繋げる。帰国後も映像の仕事を続けるので。)     前回、長期旅をしたあと、ブライダルの映像会社にて働いたから 映像撮るほうが写真よりと得意かもしれない。 というわけで、持ってく機材が多い。。   中南米縦断の旅計画。From …続きを読む

中南米縦断の旅計画。From メキシコ to 南極大陸 旅ルートと予算。

    10月初旬より、念願の中南米縦断の旅をスタートさせる。   追記:なお、初日に事件が起きたため、少し遅れてスタートしてます(笑   今まで各国(41ヵ国)を旅したなかで一番面白かった、南米大陸。そこをもっとじっくり味わいたいのである。     (前回撮影したウユニ塩湖)   僕だけでなく、世界各国を周った旅人たちの多くは南米大陸が特に面白いという。 そして、特に南米のパタゴニア地方(南部)の大自然が絶賛されるのである。     もちろん、そのためにいったん仕事は辞める。 思い返せば、20歳のころインドへ初めて一人旅をしてから旅の熱はまだ冷めていないらしい。 自転車で日本一周して、其あと世界一周して、それでも足りないみたいだ。 …続きを読む