【Googleマイマップ】 旅ブログに便利!!!自分の旅ルートをわかりやすく表示させる方法(画像も可)


 

僕は、旅をするときに旅記ブログを書くのが好きなのですが

自分のルートをわかりやすく地図を使って説明したいと思っても微妙な地図製作サイトが多くて

手間がかかってクオリティ低かったり、面倒に感じることが多かったんです。

 

そこで、最終的に辿り着いたGoogleのマイマップが非常に優れていてお気に入りなので

ご紹介します!!!(iframeタグを使うので、wordpressで説明します)

 

是非、これから旅に出る方は使ってみてください。

 

↓ こちらが現在、僕が使っている世界一周ルートを表記したGoogleマイマップ

 



移動・拡大・縮小・☆印クリックで写真表示可

 

 

まずは、こちらのサイトからマイマップの作成をしてみましょう。

https://support.google.com/maps/answer/3045850?hl=ja

 

スクリーンショット (49)
 

マイマップを使ってみるをクリック

(こちらのページに、操作説明が書いてあります)

 

スクリーンショット (50)
 

新しい地図を作成をクリック

 

スクリーンショット (51)
 

簡単にルートを作成してみます。

ライン描画をクリックすると、始点・経由点・終点(終点のときはダブルクリック)を選択できます。

日本からインドの首都デリーまでクリックしてみるとこのような図になりました。

 

左のレイヤと書いてある部分の下に、今作成したラインの名称が追加されます。

その右側にバケツみたいな絵があるのでそこをクリックすると、色と、線の太さが変えられます。

 

スクリーンショット (58)
 

これは、自分の旅をルートで描いたものです。

 

[ラインを描画] の隣にある、[マーカーを追加] を使うと、☆印(他にも様々、色変更可)

のようなマークを設置できます。

ポイントの説明だけでなく、写真も表示することができるので便利です。

 

スクリーンショット (54)
 

マークを設置すると、このような表示が出ます。

その右下の写真部分をクリック

 

スクリーンショット (53)
 

この画面に移るので、画像のURLをクリックします。

ここに、自分の表示させたい画像のURLを入力するのですが

Wordpressの場合は

 

スクリーンショット (52)
 

メディアライブラリのURL部分をコピペ

 

スクリーンショット (55)
 

星印をクリックすると、画像が表示されるようになりました。

タイトルや説明文も入力できますし

1枚だけでなく、何枚も画像を追加できます。

 

それでは、出来た地図をブログに張り付けてみましょう。

 

スクリーンショット (56)
 

まず、左側にある [レイヤを追加] [共有] よりさらに右にある3つの黒ポチをクリック

すると、デフォルトビューを設定という表示が出ます。

デフォルトビューというのは、ブログ画面において、どのポジションで地図を表示するかです。

一番見やすい位置に画面を設定して、デフォルトビュー設定をクリックしましょう。

 

次に、[共有] ボタンで、自分の地図を保存し

[共有設定] ⇒ [アクセスできるユーザー] ⇒ [ウェブ上で一般公開] に設定します。

 

スクリーンショット (57)
 

最後に、[自分のサイトに埋め込む] をクリックします。

(ウェブ上で一般公開にされないと、埋め込めない)

 

掲載されているURLをブログ記事のテキストに張り付けたら、完成!!!

僕のブログのように、サイドメニューへ埋め込むこともできます。

 



 

[世界一周ルート ← クリックで詳細] をクリックしますと、地図の説明文で入力した部分が表示されます。

 

簡単な操作なので、だれでも簡単に作成できるかと思います。

 

注意点は、デフォルトビューをしっかり設定すること

地図を更新した際に、過去に張り付けた地図も全部更新されてしまうこと。

ですので、僕の場合は、最新記事までのルートと表記しています。

 

旅ブログのクオリティを上げるために、是非使ってみてはいかがでしょうか??

 

 

スポンサードリンク



↓最新の記事を更新した時に、メールにてお知らせすることができます。


 



おすすめの記事

bitmap  bitmap

bitmap  text4430


タグ付けされた , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>