「スペインに一日しかいないなら、迷わずトレドに行け」と語られる古都トレド

人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~

ヨーロッパ11ヵ国訪れた中で一番好きな街、世界遺産ポルト。~ ポルトガル ~



 

ポルトガル首都のリスボンに次ぐ、第二の都市ポルト

「ポルト歴史地区」としてユネスコの世界遺産に認定されている。

今まで各国の街で散歩してきたが、散歩の楽しさBEST3には間違いなく入る。

 




スポンサーリンク

fczx

 

前記事:「スペインに一日しかいないなら、迷わずトレドに行け」と語られる古都トレド

旅の最新記事、ハイライトはこちら

人気記事・おすすめ記事はこちら

 


▼ 最新記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail






 

ポルトガルに入ると、スペインとはまた雰囲気が変わる。

とにかく、ゆ~ったりした空気が街全体を包んでいる。

この街来たときに、直感で「あ~好きだなあこの街」と感じた。

 

 

この褪せたオレンジ屋根の街を、ひたすら、散歩するのである。

階段が多く、迷路のようになっているので、迷子になりながら歩いていく。

 

 

 

路面電車が走っていて、レトロな感じ。

 

 

 

なんとなく、長崎の街に似ているような気がする。

港町だからかな。ここポルトは、ポルトガルの西部で大西洋にも面している

 

実際に昔、貿易で日本とポルトガルは繋がり多くあったからなあ。

ちなみに、ポルトガル語が日本語になったものはたくさんある。

ブランコ、カボチャ、カステラ、コンペイトウ、コップ、ジョウロ

 

 

 

 

駅構内もお洒落。

 

 

本当に不思議なぐらい歩いても、歩いても飽きない。

なんだろ、この街、性格的に合ってるのかな(笑

ヨーロッパ11ヵ国を旅してきたなかで一番、好きな街だな。

 

人も穏やかで。物価も安いし。

老後、こんな街に住みたい。あーでも階段多いしな。

 

なんでもない日常のワンシーンが、凄く絵になる感じがするんだよなあ

 

 

 

 

 

この街で、何が一番好きかと言われると難しいが

ただ、ただ散歩が楽しいのである。

 

 

なんか怖い像。

 

 

 

あのマクドナルドが、こんなにゴージャス。

 

 

 

 

夕暮れの雰囲気も良いし、夜景になってからも散歩は面白い。

ポルトガルは治安が良い、なんか夜に安心して歩くの久しぶりな気がする。

世界一周していて、安心して夜を歩ける街は、今まで少ない。

 

 

 

 

ドウロ川に架かる2階建て構造の道路 「ドン・ルイス1世橋」

世界遺産ポルトの街のなかでも、一番の観光の見所。

 

 

 

 

 

気付いたら、3日間この街に滞在してずっと散歩してた。

ポルト、今までで一番好きな街。

もう1日、滞在しよう。そう思わせてくれる街並みである。

 

そんな散歩のしがいのある街が、この先も続く。

 

 

次回

『人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~ 』

 



スポンサーリンク


▼ 最新記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail

 

記事↓

 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3

 




スポンサーリンク

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね ! しよう。最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

「スペインに一日しかいないなら、迷わずトレドに行け」と語られる古都トレド

人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~

タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です