クロアチア世界遺産ドゥブロヴニクの洒落た街並み ~ 白猫白街、石畳 ~


 

DSC_2696-Edit

 

fczx

 

 

fczx

東欧北上中

東欧随一の絶景と言われる

ジブリ紅の豚の舞台、ドゥブロヴニク

さすが世界遺産、高貴な雰囲気漂う旧市街である

(前記事:ジブリ 「紅の豚」 の舞台、東欧クロアチアの絶景ドゥブロヴニク

 

hs




 

DSC_2864-Edit
 

 

紅の豚の舞台としてお馴染み、ドゥブロヴニクの絶景オレンジ屋根。

実は、城壁内の街も立派な建築物が立ち並び、散歩が楽しいのである。

 

 

DSC_2489-Edit
 

 

DSC_2925
 

 

DSC_2550
 

 

穏やかな街並み。

旧市街の中心には、クリスマスツリーが飾られている。

 

 

DSC_2428
 

 細路地、急な階段。

散歩が楽しいわけである。

 

 

DSC_2573
 

白く染まった美しい街、クロアチアあたりからオシャレな人が増えてきた気がする。

下は薄汚れたウィンドブレーカー

紺色の長袖に、紺色のパーカーを着て、紺色のダウンを着ているから若干視線が気になる。

 

 

DSC_2578
 

 

DSC_2603
 

 

DSC_2492
 

 

DSC_2499
 

 

なぜか、猫が多い。

 

 

DSC_2529
 

白猫と、白い街と、石畳の相性抜群!

 

 

DSC_2397
 

 

 ん?

 

 

DSC_2415
 

近寄りすぎて、この顔。

 

 

DSC_2553
 

 

DSC_2595
 

なんで、こんな角度で撮ったんだろう。

 

 

DSC_2497
 

 

DSC_2426
 

 

DSC_2973
 

 

DSC_2938
 

ここドゥブロヴニクの宿代は異常に高い。

なんと14ユーロ (3000円)

17カ国目だが、最高額である!

インドだったら6泊できるよ。。

城壁登るだけで1000円

夜行バスも、ギョっとするほど高い。

 

 

DSC_2751
 

 

街もすっかり、都会なのである。

この物価では、とても長居はできない街だ。

 

 

首都のザグレブは似たような都会だろうし

本当は行きたかった絶景のプリトヴィッツェ湖群国立公園はすでに雪で奥まで行けないらしい。

 

 

1泊だけして、次はハンガリーまで直行。

既に始まっているブダペストのクリスマスは一体どうなっているだろう。

 

 

DSC_2712
 

 

DSC_2676
 

 

光を照らす夜の石畳、雰囲気が あって良い。

 

 

DSC_2710
 

 

DSC_2727
 

 

ISO1600のF1.8で、シャッタースピード160

夜でもこんだけ撮れると嬉しい。F1.8の明るいレンズはさすが

 

 

DSC_2709
 

 さすが、世界遺産、といった街並みである。

 夜になると、クリスマスイルミネーションが行われていた!

控えめのイルミネーションで、しっとり、ちょうど良い。

 

 

 

 次回 

 

 

『 世界遺産ドゥブロヴニクの控えめクリスマスイルミネーション

~東欧クロアチア~ 』

 

DSC_2671-Edit
 

  vac

 twitter    facebookas    mail

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


このブログのランキング順位が上がり旅記をより多くの方に読んでいただけます。

最後まで読みました~!面白かった!次回も読みます!な方々、クリック お願いします!

1位からの世界一周ブログランキングも覗けます。(なにこれ?応援します!な方はこちら

 

スポンサードリンク


   ▼ おすすめの記事 : 旅好きに人気の記事です!!!

 

sadfa      fsd

 

fseaf      fefe

 

fdf

 

東南アジアの、厳選おすすめ記事 BEST 3

DSC_1654-Edit DSC_0380-Edit-3 DSC_0487-Edit-3


タグ付けされた , , , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>