100日間で約80万人が殺害された ルワンダ虐殺の地に訪れた理由 

  30カ国目、アフリカ東部ルワンダ アフリカに来たら訪れてみたいと強く思っていた国である。 ある映画を見てから、この国で行われた民族虐殺の過去に興味を持った。 前記事:世界一身長が小さいピグミー族の村へ。~ピグミー族はスタミナ食として食べられていた~ スポンサーリンク   「ホテルルワンダ」という映画を見てから、ルワンダという国に興味を持った。 世界的にも有名なルワンダで起きた民族虐殺(ジェノサイド)の映画である。 僕が20歳のときに車の免許合宿で2週間山形に泊まり込みで来ていたとき 映画ルームというものがあり、そこでなんとなく選んで見た映画が「ホテルルワンダ」     それは、衝撃的な内容だった。仲の良かった者同士が鉈で殺し合い、街に死体が重なり溢れかえっていた。 およそ100日間で約80万人が殺害されたというのである。 (推定50万~100万人とも言われる。) そしてアフリカの旅を決めてから、自分の目でその地を見てみたいと思っていた。   …続きを読む