地球最後の秘境ギアナ高地、美しきエンジェルフォール  ~ベネズエラ~ (ドローン絶景映像有り)

 

44ヵ国目、ベネズエラ。

地球最後の秘境と言われるギアナ高地に、辿り着いた。

エンジェルフォールに辿り着くまでの秘境感は、旅のなかでも随一。

ドローン映像は必見。

 

↓前記事





スポンサーリンク

 

[socialbuzz /]

 

 

僕は今、地球最後の秘境ギアナ高地の大自然にいる。

 

 

 

(エンジェルフォールの拠点プエルトオルダスからボートでいける滝)

 

ベネズエラに行く話をすると、大体の旅人に心配された。

なぜなら、最近ベネズエラは南米でも特に治安が悪いと評判だからである。

実際、今ままでの治安の悪さとは異質で最悪に感じる。

※後記事で、『今、ベネズエラにバックパッカーで行くのが危険な理由』を更新します。

 

 

ベネズエラは約2週間、エンジェルフォールとロライマトレッキング(テーブルマウンテン)のツアーに参加する。

ベネズエラのツアーに誘ってくれた同い年の日本人(通称マイケル)と一緒である。

彼は、前回自分が世界一周した同時期に(大学卒業後)世界一周をしていて、

そして今回中南米縦断の時期もルートもほとんど一緒で

とてもマッチョで、ゴリゴリの関西弁で、筋肉について語りだすと止まらないやつである。

実はこの事件の重要証言をしてくれた恩人でもある。

 

 

 

 

首都カラカスから、15人ほど乗れる小型旅客機に乗ってジャングルを見下ろしながら

プエルトオルダスへ着くと、そこは大自然のど真ん中。

空港は、田舎のバスターミナルほどの大きさ、荷物が出てくるコンベアは小さい回転寿司屋ほどの長さで、

異常に早いスピードで出てくる。

 

 

エンジェルフォールに向かう、おんぼろボートに乗って移動すると、すぐに

このあと絶景が広がっていることが5感に伝わってきて、一気に高揚感が湧いてくる。

44ヵ国旅してきたが、この秘境感は味わったことがない。

 

 

 

 

たまに大量の水が飛んでくるボートから下を眺めると橙色に澄んだ川

左右には、どこまでも続く綺麗な緑のジャングル

上を見上げれば清き青空

前を見れば、圧倒的存在感を放つテーブルマウンテンが見える。

 

 

 

 

RPGで言えば、ラスボスステージに向かうような感覚である。

ベネズエラに来て良かった、と既に感じさせてくれると同時に

久しぶりに旅をしている感が全身を伝ってくる。映像を見てもらえれば、その雰囲気をさらに感じてもらえると思う。

 

 

 

 

 

 

澄んだ川に、テーブルマウンテンが波を打ちながら反射して美しい。

ボートから上陸すると、2時間ほどトレッキングをして、エンジェルフォールへ。

トレッキングは500mほど滑らかに上がり、それほどきつくはない。大自然のマイナスイオンを感じながら登っていく。

そこから落差979mのエンジェルフォールを眺めるのである。

 

 

 

 

ポイントに辿り着くと、一気に視界が広がり、大自然にそびえたつエンジェルフォールが姿を現す。

 

 

 

 

 

 

これぞ、秘境中の秘境。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一、美しい滝。エンジェルフォール。

約1000mの断崖絶壁から大自然に絶え間なく降り注ぐ、神秘の滝。

次第に水蒸気のシャワーに変わり、ゆらり風に揺られる景色は、まるで炎を見ているように常に表情を変えるから飽きない。

 

 

 

(ドローンで空撮したエンジェルフォールの反対側の景色。)

 

 

この大自然の川を、ボートで来たかと思うと信じがたい光景である。

ドローンで撮影してみたものの、景色が広大すぎるために、なかなか遠くへ飛ばしても景色が変わらないのである!

地球最後の秘境に自分が立っていて、神秘の滝を見ていることが信じられない。

 

 

 

 

テレビで何回か見たことはあるが、ここまでの秘境に自分が来ることは無いと思っていた。

しかし、来てしまったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背景が曇っているエンジェルフォールは、より神妙感が増して美しい。

到着する3時ぐらいからだと、逆光になるから若干撮りにくい。

 

 

 

 

夜、川辺に1人星を撮影しに行ってみると、残念ながら曇っていたが

暗雲とした秘境の夜景は、雰囲気があったから、試しに撮ってみた。

 

 

 

 

 

(宿泊近くの川辺と乗ってきたボート)

 

 

月明りの中、この秘境の川で、裸になり頭を突っ込んで身体を洗うのは最高。

宿は、廃墟のような場所にハンモックが張ってあるだけ。地面には見たことないような巨大なアリが無数に列を作っていて

足元からたくさん這い上がり、噛んでくる。わりと痛いのだが払ってもなかなか離れてくれない。

アリだけでなく、触ったら何かありそうな昆虫がとにかくたくさん。

 

 

 

 

 

 

「地球最後の秘境」の名に引けをとらない、絶景が広がるギアナ高地。

 

 

 

 

このあとは、更なる感動の絶景が広がっていた「ロライマトレッキング」へ。(テーブルマウンテン)

5泊6日のトレッキングでは、人生屈指の壮絶なる絶景が待っていた。

 

 

【エンジェルフォールの絶景映像はこちら。】

ドローン映像は必見。

 

 

 

次回

『 地球最後の秘境ギアナ高地の大絶景

5泊6日のロライマトレッキング ~ ベネズエラ ~   part①

 

 

絶景ビデオグラファーHENMIの最新映像をチェックする。

INSTAGRAM
絶景ビデオグラファーHENMI

絶景ビデオグラファーHENMI

世界70ヵ国以上を旅しながら絶景を撮影するビデオグラファー (ウユニ1ヵ月撮影 / 南極 / 映像出版 / 世界一周 / 自転車日本一周 / ドローン / タイムラプス / 4K ) 日本では主にウェディング映像を撮影するカメラマン

最近の記事

  • 関連記事
  • 旅好き人気の記事
  • カメラ人気の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

オススメの絶景記事

  1. ウィーンのクリスマスが、東欧で最もゴージャス!~ 東欧クリスマス巡り ~

  2. 野生動物の宝庫タンザニアでのサファリ2泊3日。 タランギレ国立公園・マニャラ湖・ンゴロンゴロ

  3. ガラパゴスで最も楽しかった動物の宝庫イザベラ島! ウミガメ・ペンギン・青足鳥

  4. 【 絶景ランキングBEST10 】絶景の宝庫、南米大陸の旅で感動した絶景ベスト10!

  5. 中南米の絶景をドローンで撮影したら、極上の絶景映像撮れた!

  6. 【絶景】 サハラ砂漠の感動の絶景  ~美しすぎる朝陽夕陽の瞬間~

人気の記事

  1. 中南米&南極旅の絶景ルートと、予算公開!(メキシコ~南極まで/パタゴニアの周り方/絶景ポイント)

  2. [ 全四話 ] 至極の感動 涙のヒマラヤトレッキング7日間

  3. 世界一周で使用した金額公開! 日本一周チャリ旅もついでに

  4. 【面白かった国BEST7】世界一周40ヵ国訪れた中でおススメの国々を厳選!各国の魅力お伝えします!

  5. 【東南アジアBEST3】面白かった国ランキング!!!

  6. 【 絶景ランキングBEST10 】絶景の宝庫、南米大陸の旅で感動した絶景ベスト10!

カテゴリー

PAGE TOP