ウユニ塩湖でドローン死亡(12万)。世界一の絶景にて、ドローン死す。

【大絶景】地球最後の秘境ギアナ高地。5泊6日のロライマトレッキングpart② ”迫る断崖絶壁 ” ~ ベネズエラ ~

【大絶景】地球最後の秘境ギアナ高地。5泊6日のロライマトレッキングpart① ”あの荘厳なる頂上へ ” ~ ベネズエラ ~


 

ベネズエラはエンジェルフォールの絶景を終え、更なる絶景を求め

ギアナ高地5泊6日のロライマトレッキングへ。

この中南米縦断の旅のなかでも、随一の絶景が待っていた。

頂上での光景は、今まで旅してきたなかでも屈指の震える景色。

 

↓前記事



スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で


 


 

 

これから、あの奥に見えるテーブルマウンテンに登るのである。

あの頂上から見える景色に心を震わせながら、地平線まで続く大草原のなかをひたすら歩いていく。

 

 


 

 

ガイド1人、ポーター5人。5泊6日のトレッキング。もう1人の日本人と僕の2人で参加している。

ガイドの「ケンダル」は、既に363回このトレッキングのガイドを務めている

最年長且つ最高回数を保持している強者。

トレッキング中はいつも驚異的に天気が変わりやすいが、ケンダルの天候予測は大体当たる。

 

 


 

 


 

 

大荷物を背負った屈強なるポーター。

5泊6日分の食料、全員分のテント寝袋等が詰まっている。

料理は想像以上に充実していて、トマトスパゲティ、鶏肉とご飯、野菜いっぱいのスープなど、

毎日メニューが変わり大量に食べることができる。

そして朝には毎日、チョコラテと紅茶どっちが欲しいか聞いてくれる、とても親切なポーターズ

 

 

僕の荷物は、大半がカメラ機材である。

滑りやすい川を渡ったり、滝の雨に打たれたり、ゲリラ豪雨があったり

防水対策には最大限気を付けなければならない。

そして、この旅の撮影で難しいところは、5泊6日で充電できる場所が1つもないところである。

 

 

ドローンはバッテリー3つ(20分×3)しか撮影出来ないから

使用するタイミングがキーポイント。

(※ドローン&タイムラプス絶景映像は次記事で)

 

 


 

 

旅中にいくつかトレッキングはしてきたが、

この景色はロライマでしか味わえない。

それにしても、頂上にはいつも雲が被さっていて全貌を見せてくれない。

上からは大雲海の光景が広がっているのだろうか。

 

 


 

 


 

 

ロライマの雲は、変幻自在。

まるでアフリカのように、どこまでも続く大地の上に、

距離感のわかりづらい雲が自由に動きまわり

ときには芸術的な形になったり、恐ろしげな大嵐の雲が迫ってきたりする。

 

 


 

 


 

 


 

 

ロライマの断崖絶壁が徐々に近づいてくると、その圧倒的存在感がヒシヒシと伝わってくる。

これから、あそこに登るなんて信じがたい光景。

 

 

長いトレッキングをするときは

自然と、今までの旅や、これからの人生に思いを馳せてしまう。

以前のヒマラヤトレッキングでも色々悩み考えたことを思い出す。

 

 


 

 

また、旅に出てしまっている自分。

今、ベネズエラにいるというのが信じ難い。

絶景を求めて、地球最後の秘境、ギアナ高地でトレッキングをしている。

ここにいること自体が、とても不思議だ。

 

 

「なぜ、旅をしているのか」という、どうでもいい疑問に以前は、旅の移動中やトレッキング中に

堂々巡りで答え探しをしていたが、今は、そんなことを考えることは少なくなった。

ただ、カメラと旅が好きだから、仕様がない。というシンプルな理由に疑問を持たなくなったからか。

 

 

という具合に、足を動かしながら、雲を見ながら、ボーっと考えるのである。

 

 


 

 

シャワーなど一切無いから、川で身体を洗う。頭を突っ込むとなかなか気持ち良い。

ここで厄介なのが「プリプリ」という蚊より強力なかゆみをもたらす小バエみたいな虫。

何十匹とたかられた時には、発狂しそうになるほどである。一回刺されると3日ほどは激かゆが続く。

今までの人生で最も厄介な虫である。

 

 

虫除けも効かず1cmの隙間でさえ狙ってくる奴らを防ぐためには、顔以外の露出をゼロにするのが最善の対策。

頂上に行けば、プリプリはいなくなるらしい。トレッキングの辛さよりもプリプリがきつい・・・

 

 


 

 

一泊目のキャンプ地に着くと、ポーターがテントを張ってくれ、夕飯を作ってくれる。

久しぶりのテント泊。

テント内に寝そべって、天を見上げると、自転車で日本一周したときを思い出す。

1年間野宿でテント生活をしていたのが懐かしい。

 

 

夜になると、蛍のように光る虫がたくさんいて美しい。

蛍ほどは光らず点灯も短いから撮影しても中途半端だが。

 

 


 

 


 

 

ロライマで見る星は美しい。

地平線のすぐ上に星が見えるほど、低い位置から頭上まで一面の星。

ただ、夜も雲の変化は激しく、一面の星空でも30分後には暗雲とした天気になっていたりする。

 

 


 

 

テーブルマウンテンの麓でのキャンプ。

あの頂上で、2泊することになるのだが、どんな絶景が待っているのだろう。

 

 


 

 

次回

『 【絶景】地球最後の秘境ギアナ高地。

5泊6日のロライマトレッキングpart② 

❝ 迫る断崖絶壁 ❞ ~ ベネズエラ ~

インスタはじめました。フォローする(旅のドローン絶景等更新中!)

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で



スポンサーリンク

記事↓


 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

ウユニ塩湖でドローン死亡(12万)。世界一の絶景にて、ドローン死す。

【大絶景】地球最後の秘境ギアナ高地。5泊6日のロライマトレッキングpart② ”迫る断崖絶壁 ” ~ ベネズエラ ~

タグ付けされた , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

One Response to 【大絶景】地球最後の秘境ギアナ高地。5泊6日のロライマトレッキングpart① ”あの荘厳なる頂上へ ” ~ ベネズエラ ~

  1. ピンバック:死ぬまでに行きたいスポットとシーズン Bucket List | 旅の杜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です