世界の縮図、混沌のイスラエル

      前記事:実はアートすぎる「ベルリンの壁」~ ヨーロッパ脱出、そして中東の巻 ~  最新の記事はこちら 旅のハイライトはこちら     イスラエルへ訪れるのは、少しの勇気が必要だった。 パレスチナ自治区など、テレビで流れるニュースでは正直あまり安全ではない、というイメージを持っていたから。 それに、東欧ブルガリアからドイツまでクリスマス巡りなんかしてヌカヌカと旅をしていたものだから、旅の感が鈍っている気もしていた。     ヨーロッパから、中東へ一気に旅の舞台を変えるのは何も難しいことは無く インターネットでポチっとチケットを手配するだけ。 そう、ドイツまで北上したのは、単にイスラエルまでのチケットが安かったから、というのが大きな理由である。 …続きを読む

失って気付くもの、日常を捨てて旅に出ること。 ~トラブゾン沈没の2週間~

                       東南アジアを終え、新天地、中東へ。 そして、イランで盗難事件に遭い電子機器をすべて失った。 向かった先は、イランから西へ行ったトルコの港街トラブゾン 沈没しながら、これからの旅を考える。 (前記事:人が死ぬ瞬間を目撃してしまった旅先での感情 ~ イラン盗難事件の前兆 ~ )   …続きを読む

人が死ぬ瞬間を目撃してしまった旅先での感情 ~ イラン盗難事件の前兆 ~

                     [ ~プロローグ~ ] 東南アジアのネパールから、中東のイランへ。 中東のイメージをぶち壊した最も楽しい国となったが 首都テヘランにて、iphone,一眼レフ,PCを全て盗難されてしまった 電子機器は全消滅。旅は、大転換期 実はその前日、不吉な兆しを感じていたのだ (前記事:それでも、イランが大好きだ。 盗難事件により、電子機器全消滅の巻) …続きを読む

それでも、イランが大好きだ。 盗難事件により、電子機器全消滅の巻

                  人生最高の感動ヒマラヤトレッキングを終え 東南アジア最終国であるネパールを出た 行先は、異国中の異国、中東イラン そして恐れていた事件が遂に起こってしまった 旅が、大きく変化することになる (前記事:【 最終話 】 感動のヒマラヤトレッキング ~ 忘れぬ感動、僕は銀河の塵 …続きを読む