旅好きな人にオススメしたい7冊の旅本を厳選紹介!!!

 

 

旅好きにはたまらない、必読旅本をご紹介!!!

 

DSC_7061-Edit-復元

 

旅本って、感動や人生のエッセンスがいっぱい詰まっていて面白いですよね。

今まで読んだ旅小説、ノンフィクション、絶景集などから厳選!

 

こちらも併せてどうぞ!

今まで読んだ本のなかでオススメしたい厳選7冊+α!!! | 

 

Contents

 アルケミスト 著者:パウロ・コエーリョ

 

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

ご存知の方も多いと思います。

羊飼いの少年が、夢を信じて旅をする、旅物語。

旅のさまざまな出逢いと別れの中で、人生の知恵を学んでいく、夢と勇気のストーリー。

 

[抜粋]

『僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ』
『誰もみな、他人がどのような人生を送るべきか、明確な考えを持っているのに、自分の人生については、何も考えを持っていないようだった。』

 

まるで、自分が旅をしているように主人公と共に、旅を通して人生を学べる。

もっと旅の中でいろいろ感じて、学びたいと思える本で、旅と人生のエッセンスが凝縮した一冊。

ストーリーに入り込みやすいので、読みやすい!

 

 

  旅をする木 著者:星野道夫

 

旅をする木 (文春文庫)

 

アラスカを愛し、大自然の中で生きた、星野道夫。自然写真家としても有名。

しかし、アラスカにて熊に襲われ死亡――。

大自然の息吹きを感じる表現の豊かさと、自然の中であらためて気付かされる、

限られた時間の中で『生きる』 こと。

ノンフィクションだけに、リアリティがある。1番好きな作家と言ってもいいほど好き。

 

抜粋

『小さなアリが生きる姿に目を奪われるように、僕たちは巨大なクジラに感動する』
『東京で忙しい日々を送っているそのとき、アラスカの海でクジラが飛び上がっているかもしれない。そのことを知れただけでよかったんだ』
『自然とは、世界とは面白いものだなと思った。それはおそらく、すべてのものに平等に同じ時間が流れている不思議さだったのだろう。』

 

今すぐ大自然に飛び込みたくなる1冊。

この本に感化されてアラスカへ行った人はかなり多いと思う。

この1冊を読むだけで、感性が、視点が豊かになると感じた。

 

ついでに、星野道夫のオススメもう1冊!!!

長い旅の途上 (文春文庫)

 

アラスカに人生を捧げた星野道夫の生き様や

長い旅の中で感じている旅情が、しっかりと伝わってくる。

これもアラスカに行きたくなる(笑

 

 

 深夜特急 著者:沢木耕太郎

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

旅人のバイブル。

ほとんどの人が知っているし、これをきっかけに旅に出た人も多いであろう。

これほどにまで、旅へといざなう本は無いかもしれない。

6巻まであり、あまりの面白さに1巻からノンストップで全巻読んでしまった。

不朽の名作。

深夜特急 全6巻セット 文庫本

 

まだ読んでない人は、是非。

旅に出たくなっても、知りません。

 

 

 エベレストを越えて 著者:植村直巳

エベレストを越えて (文春文庫 (178‐5))

 

世界初の五大陸最高峯到達者、植村直巳のノンフィクションストーリー。

とても常人には真似のできない冒険を成し遂げていく

これぞ、冒険家。何か、でかいことに挑戦したくなる1冊。

 

なぜ、植村直巳はそこまでしてエベレストに人生をかけるのか?

想像を絶する山の過酷さ、その中での挑戦と大いなる覚悟。

 

抜粋

『「山で死んではならない」これが植村の鉄則であった』

 

彼は山だけではなく、南極に10年近く住んでいたり、4年間無銭放浪の旅をしていたり。

飛び抜けた行動力と、壮大な挑戦の中での冷静な覚悟。震えた。

驚かされたのは、植村直己は山で死んでしまったことだ――。

 

 エグザイルス 著者:ロバート・ハリス

 

エグザイルス (講談社 α文庫)

旅人の間では有名な、ロバート・ハリス

ヒッピー時代の旅から、夢に向かう姿を描いている。

想像以上に波乱万丈で、落ちるとこまで落ちていく旅人の姿がとてもリアル。

 

抜粋

『一度「エグザイル」になったものは、一生「エグザイル」で居続けなければならないのかもしれない』
エグザイル・・・当ても無くさまようもの
『旅の途中、忘れてはならないのは、「自分らしさ」を、現実の社会で生きる大変さのせいで歪ませたりしてはいけないということだ』

 

とにかく、ロバート・ハリスの旅は刺激的だ。

精神的アップダウンも激しく、それもすべて描かれている。

だんだんと素直に、前向に夢に向かっていく姿がカッコイイ。

 

 僕らの人生を変えた世界一周 著者:TABIPPO

 

僕らの人生を変えた世界一周

世界一周をこれからしたい人に、是非おすすめ!

夢が広がること間違いなし!!!

 

 まだまだいっぱい!おすすめの旅本たち!

 

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編

WORLD JOURNEY

女子が旅に出る理由

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

ガンジス河でバタフライ

サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫)

 

 

こちらも併せてどうぞ!

今まで読んだ本のなかでオススメしたい厳選7冊+α!!! | 

 

読書も、旅だ!!!

 

絶景ビデオグラファーHENMIの最新映像をチェックする。

INSTAGRAM
絶景ビデオグラファーHENMI

絶景ビデオグラファーHENMI

世界70ヵ国以上を旅しながら絶景を撮影するビデオグラファー (ウユニ1ヵ月撮影 / 南極 / 映像出版 / 世界一周 / 自転車日本一周 / ドローン / タイムラプス / 4K ) 日本では主にウェディング映像を撮影するカメラマン

最近の記事

  • 関連記事
  • 旅好き人気の記事
  • カメラ人気の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

オススメの絶景記事

  1. 新世界七不思議の1つ空中都市マチュピチュ。15世紀に造られたインカ帝国のマチュピチュは想像より大秘境!

  2. 【大絶景,ドローン映像有】地球最後の秘境ギアナ高地。 5泊6日のロライマトレッキングpart③ “奇跡の絶景ロライマ大雲海 ” ~ ベネズエラ ~

  3. 【絶景映像あり】南米随一の絶景「ペリトモレノ氷河」トレッキング、美しき青い氷河の洞窟 ~パタゴニア・アルゼンチン~

  4. 【絶景映像あり】 フィッツロイトレッキングpart② 紅に染まる荘厳なるフィッツロイ ~パタゴニア・アルゼンチン~

  5. これがアフリカの海!? アフリカのオアシス、ザンジバル。旅人の天国ヌングイ。

  6. 標高3810mチチカカ湖 4つの離島巡り ~浮島ウロス島・太陽の島・アマンタニ島・タキーレ島~

人気の記事

  1. 南極旅情報【南極費用/ラストミニッツ/現地ツアー/オススメ旅行会社】

  2. 【 絶景ランキングBEST10 】絶景の宝庫、南米大陸の旅で感動した絶景ベスト10!

  3. 【旅人注意】日本人宿で起きた盗難事件。一時帰国する羽目になったわけと、犯人を捕まえるまでの一部始終。

  4. [ 全四話 ] 至極の感動 涙のヒマラヤトレッキング7日間

  5. 国境での賄賂、バスの故障で深夜到着、 一眼スラれる。人生最悪の誕生日。~ブラックアフリカの洗礼~

  6. 【面白かった国BEST7】世界一周40ヵ国訪れた中でおススメの国々を厳選!各国の魅力お伝えします!

カテゴリー

PAGE TOP