世界三大宗教の聖地 イスラエル 嘆きの壁


 

DSC_6185
 

fczx

 

前記事: 世界の縮図、混沌のイスラエル 

最新の記事はこちら

旅のハイライトはこちら






 

 

ユダヤ教徒の聖地 「嘆きの壁」

なぜ、聖地なのに人々は嘆き悲しんでいるのだろう。

なぜ、宗教の聖地がいくつもこの地にはあるのだろうか

 

 

DSC_7033
 

手前に見える壁が、ユダヤ教徒の聖地、嘆きの壁

奥の黄金色のドームが、イスラム教徒の聖地

キリスト教徒の聖地も歩いて数分

 

 

世界三大宗教の聖地が密集している。

 

 

カオスな状況に思えるかもしれないが、そんなに難しいことではない。

3宗教とも、信じる神は同じ。

そもそも、イスラム教も、キリスト教もユダヤ教から派生した宗教なのだから

聖地が同じ場所になるのは、それほどおかしなことではない。

争いも起きるわけである。

 

 

 

DSC_7270
 

ユダヤ教徒の聖地 「嘆きの壁」

かつて、彼らにとって最も神聖な建物であったエルサレム神殿がここにあったのだが

東ローマ帝国の侵攻によって破壊されてしまった。

 

その際に、残った西壁の部分が、現在 「嘆きの壁」 と呼ばれている。

 

誰だって、人生の中で大切なものを壊されたら

怒り嘆くものである。

ユダヤ教聖地の復活、悲しみの思いを込めて

彼らはその壁に向かって祈りを捧げているのだ。

 

 

DSC_7268
 

DSC_6219
 

DSC_6215
 

 

DSC_6211
 

信仰心の強さが、彼らの格好から大体わかる

黒でか帽子、もみあげ凄く長い、全身黒い

奇抜な格好だから、一目でわかる。

おそらく、小さいころから神学校に通い

祈ることが仕事のユダヤ教徒の方であろう

 

DSC_6204
 

壁の隙間には、祈り、願いが書かれた 紙が挟まれている

 

DSC_6213
 

 

DSC_6194
 

 

DSC_6224
 

 

DSC_6188
 

 

DSC_6198
 

 

 

DSC_7267
 

 男性側と、女性側に分かれている。

 

 

DSC_6185
 

 各聖地への入口には

金属探知機や、ボディチェックが行われるほど厳重態勢だが

もし、どれかが破壊されたら大戦争になってしまうんではないかという危うさを感じる

 

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3宗教あわせておよそ35億人の信者の「聖地」である。

それだけ世界的に、このエルサレムという街は重要な場所なのだ。

 

DSC_6186
 

しかし、こうやって

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地が

実際に共存している、というのは長い年月をかけて、戦争をして、たどり着いた形でも

あるのかもしれない。

 

 

イスラエル。

世界の縮図と言われるだけあって、現状を理解するのに時間が必要そうに思えた。

パレスチナ自治区(巨大な鳥籠)を訪れたときも、実際なぜ、このような事(差別)が起きているのわからなかった。(後記事)

人間が、同じ人間を大きな壁で鳥籠のように閉じ込め続けているのは、なぜだろうか。

なぜ、かわからない。

そんな自分がいかに無知で、世界を知らないのだろう、と思い知った。

 それとも、自分が思っている以上に

この世界は、弱肉強食の世界なのだろうか。

 ただ、それだけなのかもしれない。

 

ますます、よくわからなくなってきた。

いや、わかるはずないか。

世界の縮図をたった数日見て感じて、わかるはずないのである。

 

 

DSC_7301
 

NEXT

エルサレムの聖地巡り。

次はキリスト教の聖地へ

 

 

 

▼ 次記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail

 

スポンサードリンク


   ▼ おすすめの記事 : 旅好きに人気の記事です!!!
 

あsdふぁ  rtntr ,iuku

 jkjhuk  nbmn fsafa.psderwerw


▼ 写真・カメラ記事: 一眼レフ初心者、必読の記事です!
 

asdfaklj hrsdfa ,uuuu

 
東南アジアのおすすめ記事 BEST 3
 

jvぞいxcz  weew  、ういゆ名称未設定 1

スポンサードリンク


タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>