人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~

みかんが異常にたくさん落ちてる街 セビリア ~ スペイン南部アンダルシア地方 ~

旅人沈没の条件 田舎の港街ファロ ~ポルトガル~



 

地図を見て適当に、この街行ってみるか、と思って来た街「ファロ」

しかし、その居心地の良さにポルトガルで一番長く滞在してしまった。

 




スポンサーリンク

fczx

前記事:人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~

旅の最新記事、ハイライトはこちら

人気記事・おすすめ記事はこちら

 


▼ 最新記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail






 

スペインのついでに寄った、ポルトガルではあったが

結局ヨーロッパ11カ国周った中では、一番好きな国になった。

 

この港町ファロには、特に何があるわけでもない。

ただ都会には無い、田舎特有の時間の流れを感じるのである。

 

 

 

 

 

「無」になって散歩することは、長旅をしている者には必要な癒しの時間である。

人通りも少ない、穏やかな街をひたすら練り歩く。

 

 

 

 

 

こういうちょっとした公園で、旅記を書いている時間が凄く好き。

の~んびりしながら、この地で日常を過ごす人々の流れを見るである。

近所の人同士で喋ってる風景とか、しばらくベンチで新聞読んでる人とか、

仕事に向かう人とか。そういうなんでもない風景を見てるのって、凄くいいよね。

 

たぶん、あっちからはずっとボーっとしてる日本人いるなー、って思われてるんだろうな

 

 

 

スペイン南部では、有名な白い街がいくつかあるのだが

ポルトガルも南部あたりにくると、白い建物が並ぶ光景がちらほら見える。

 

 

いきつけのスーパーマーケット

物価が安く、特にワインは1リットル300円ぐらいで、味も悪くない。

居心地良すぎて、沈没しそう。

 

旅人が沈没する3つの要素は

①物価が安い 

②飯がうまい

③居心地が良い(街が穏やか)

 

ポルトガルは宿のクオリティも安くて、しっかりしてるから最高。

ヨーロッパ11カ国周ったけども、ポルトガル1番好きだわ。

ポルト、リスボン、ファロ、周った街も全部良かったし。

 

 

 

 

散歩が楽しい街って、大体建物におもしろいペイントしてあったり

ちょっとした置物とかが洒落てたりするんだよなあ。

 

 

 

 

 

この街を出たら、スペインから遂にアフリカ大陸へ上陸するのである。

スペインから、ジブラルタル海峡を船で越えて、大陸を移動するのだ。

訪れるモロッコも、旅人の噂ではとても面白い国だと聞いているから、もうソワソワしている。。

 

ただ、アフリカ大陸に行くにあたってのある大きな決断は、この時はまだ悩んでいた。

 

 

 

 

 


 

 

 

次回

『 みかんがたくさん落ちてる街 セビリア ~ 再びスペイン ~ 』

 



スポンサーリンク


▼ 最新記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail

 

記事↓

 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3

 




スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね ! しよう。最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~

みかんが異常にたくさん落ちてる街 セビリア ~ スペイン南部アンダルシア地方 ~

タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です