ヨーロッパ11ヵ国訪れた中で一番好きな街、世界遺産ポルト。~ ポルトガル ~

旅人沈没の条件 田舎の港街ファロ ~ポルトガル~

人生初、大西洋に沈む夕陽を望む  ~ポルトガル首都リスボン~

久々に、あ~この国好きだなぁ、この街好きだなあ、と肌で感じる感覚である。

東南アジアのネパールの居心地の良さ以来かなあ。

ポルトガル、好きだ。

 




スポンサーリンク

fczx

前記事:ヨーロッパ11ヵ国訪れた中で一番好きな街、世界遺産ポルト。~ ポルトガル ~

旅の最新記事、ハイライトはこちら

人気記事・おすすめ記事はこちら

 


▼ 最新記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail






 

 

 

朝陽が、オレンジ屋根を眩しく照らし、港町リスボンは目覚める。

ゆ~っくり流れる時間、爽やかな朝の空気。

 

 

 

 


 

 

 

ポルトガルでは、路面電車が走っていて、そのレトロな雰囲気がたまらなく良い。

 

 

 

 

 

 

なんとな~く歩いているだけで、自然とシャッターボタンに手がいく。

その回数は、この街への好奇心の高さと比例している。

滞在日数にも比例するかもしれない。

経験上、街を歩いててもカメラも出す気にならない退屈な街は、すぐに通り過ぎる。

ここ、リスボンのようにカメラを持って散歩するのが楽しい街は、ついつい滞在日数を伸ばしてしまうのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光名所の1つ

発見のモニュメントPadrão dos Descobrimentos

高さ52メートルもある、この作品は1940年にポルトガルで開催された国際博覧会の象徴として作られた。

過去のポルトガル栄光の時代へのロマン思想を表している。

 

 

 

ダチョウ倶楽部の「押すなよ!?」を思い出して、日本が懐かしく思える。

 

 

エンリケ航海王子という人物の後ろに、

探検家、芸術家・科学者・地図制作者・宣教師ら約30名のポルトガル人の像が並んでいる

 

 

 

 

人生初、大西洋に沈む夕陽を望む。

 

 

旅好きって無駄にそういう言葉好きだよなあ。

日本一周」とか「世界一周」とか「インド横断」とか「インド最南端で見るインド洋の朝陽」とか。

(今までやってきたこと。。)

 

でも、いいよなあ。

大西洋に沈む夕陽。

 

アフリカ大陸から見る、大西洋に沈む夕陽もまた、違う感覚なんだろうなあ。

 

 

 

 

 

夜の街の雰囲気も良い。とても良い。

ポルトガルに来たら、1つ見てみたいものがあった。

大衆民謡「ファド」

簡単に言えば日本で言う、演歌のようなもの。

ポルトガルのレストランでは、様々なところでこのファドの演奏がされている。

 

 

ワインを飲みながら、ファドの演奏を聴く。(↓の写真、実際には4人の奏者がいる)

 

生活の中から自然に湧きあがった感情を音楽にしていると言われ

うわさ話のような他愛もない会話だったり、皮肉を込めた内容だったりを様々なストーリーをリズムに乗せている。

らしい。何言ってるかは何一つわからなかったが!

1つ言えるのは、ポルトガル来たら、絶対行った方が良い。

こじんまりしたバーみたいなとこで聴いたのだが、歌い手のレベルも相当高くて

歌詞わからなくても、雰囲気だけで楽しめる。

 

 

リスボンの後に、なんとな~く寄ってみた「ファロ」という街が

またまた、雰囲気が最高の街。

 

 

次回

『 居心地良くて沈没しそうな港街ファロ ~ポルトガル~ 』

 

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で



スポンサーリンク

記事↓


 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

ヨーロッパ11ヵ国訪れた中で一番好きな街、世界遺産ポルト。~ ポルトガル ~

旅人沈没の条件 田舎の港街ファロ ~ポルトガル~

タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です