世界一周云々より、自分がやりたい旅を、本当にできているかどうかの問題である。


 

DSC_2934

fczx

 

fczx

 

“ 今の自分にしかできない ”旅のなかでの感情や葛藤は、人生の中でとても貴重な経験である。

 

実際に旅しながら書いた日記の言葉をもとに、忘れたくない旅の感情を記す。

世界中を旅しながら、そのとき感じたことを、そのまま旅日記シリーズ。

No.1 『井の中の旅蛙、大海を知らず?

 

 

hs

 

 

 

DSC_2928
 

 

残された旅は、どんな旅にしていこうか。

思い描いた旅を、自分のやりたい旅をできているんだろうか。

旅を、楽しめているだろうか――。

 

 

旅の半分をむかえたころから、そんな思いが脳内で右往左往。

充分に楽しめてはいたが、正直満足はしていなかった。

せっかく、いろんな世界を見て、稀有な経験をしているのに

今の自分には何かが足りない。

貪欲さだろうか? ただの、慣れからくる感情だろうか?

今まで盲信して旅の道を突き進み、ここまで来た。

もう、ここまで来てしまったのだ。そして、盲信の破片が剥がれ始め

焦りが芽生えてくる。

 

 

この旅は、もう二度と無い瞬間の連続だということを切に感じる。

この車窓から流れるように過ぎ去る風景、街のなんともない景色たちも、もう見ることはないかもしれない。

この旅のなかで出逢ったたくさんの人々とも、一生逢えない人がほとんどだろう。

その中で、 僕が感じている葛藤や感情、感動が、“今” しか感じられないものだという意識が強くなっていく。

きっと、今とは違うときに同じ場所を訪れても、感じることは違うだろう。

 

 

DSC_2766
 

 

そう思うと、この小さき自分の人生ながらも、なんて貴重な日々を過ごしていて、いろんな感情を味わい

贅沢な感動を繰り返しているのだろうかと思う。

むしろ、「一期一会 」 だからこそ、出逢いというのは不思議で面白いものなのかもしれない。

見知らぬ土地で感じる、自分自身との対峙もまた一期一会。

それと同じように、この旅自体も、今の自分にしかできないたった1つの旅。

 

 

当たり前だが、人生だって、この旅だって、二度と無い。

そこに悲観は無いが、「今」が「今」しかないことが、旅のなかではとても不思議に感じる。

人生が1回だからこそ旅にでようと思って、感動を繰り返す旅の中で

その瞬間を味わい、1回きりの人生もまた1つの旅だなと旅は教えてくれる。

学ぼうとしてるのではない。勝手に身についてしまっているのだ。

 

 

だからこそ、「今」 本当に望んだ旅(人生)が出来てるかどうか、妙に不安になる。

 

 

 

DSC_2786
 

 

“ 夢  ”  と謳い叶えている念願の旅は、これだろうか。と何度も思う。

世界一周というものを夢とし、そこに執着していることを自分でもわかっている。

もちろんそれを達成することは嬉しいし、最後まで何があってもやる覚悟だが、ゴールはそこではない。

むしろ出発した時点で、その世界一周という夢はほぼゴールしている気さえする。

自転車日本一周もそうだったが、相当過酷な旅を選択しない限り、

一番覚悟する瞬間は、「旅に出る」 という覚悟を決めるときだから。

 

 

世界一周というのは、確かに僕にとって挑戦だった。

世界が見たい。何か、自分自身に挑戦を含めて世界を見たかった。

でも、スタートして半年も経てば、それはもう大して難しくないことも見えてくる。

 

 

だから、 「今」 自分が望んでいる旅ができているかどうか。

何かに、挑戦できているのか、どうか。

次のゴールを見据えてそれに進むべきだ。

ゴールがなくたって、何かに挑戦的であるべきだ。

きっと大学を卒業して就職もせず旅に出た、という焦りを意識せずとも感じているからだろう。

そんな葛藤を繰り返す。

迷路だとわかりながら猪突猛進、見事に迷子になっている自分は嫌いではないが。

 

 

旅というのは、ただ純粋に楽しければ、それでいいのかもしれない。

目的だって、あっても無くてもいい。

世界一周だって、そうでなくてもいい。

ただ、自分がやりたい旅を、本当にできているか、どうかの問題である。

 

 

無論、今、できていないから、こんな葛藤があるのである。

 

 

DSC_2934
 

 

旅に出たことは後悔は何一つ感じていないし、本当にこのタイミングで出て良かったと思う。

ただ、もっと、もっと旅のなかで何かできるんじゃないかと憂いている。

 

 

今はもう少し、旅の中で、冒険がしたい。

自分自身で、冒険と呼べるような、旅がしたい。

と感じている。感じてしまっている。

 

 

異国を感じないヨーロッパだからか。

急いだ旅をしているからだろうか。

旅のあとの焦燥感だろうか。

 

 

DSC_2344
 

 

終わりがちらつくと、冒険したくなるのは何でだろう。

ふと自分の人生が限りある命だと想い、旅に出たい、いろんな世界を見たいと思ったように

旅の終わりがちらつくと、旅の中で冒険したくなるんだ。

 

 

本能が蘇るのかもしれない。

もっと感動したいという欲が。

 

 

人生は、旅だ。

 

 

なんて、うまく言い切れないけども、確かに似ている。

旅を重ねるごとに、そう感じている。

感動を重ねるごとに、旅と人生を重ねているのかもしれない。

といっても、まだ半年はある。一体旅を終えたときに、何を感じて何が見えているのだろう。

 

 

いつだって、旅はこれからである。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


↑ 最後まで読んでくれた方、クリックお願いします!!!

世界一周ブログランキングに参加中!クリックすると順位があがります!

なにこれ?応援します!な方はこちら

  vac

 twitter    facebookas    mail

 

 

スポンサードリンク


   ▼ おすすめの記事 : 旅好きに人気の記事です!!!
 

あsdふぁ  rtntr ,iuku

 jkjhuk  nbmn fsafa.psderwerw


▼ 写真・カメラ記事: 一眼レフ初心者、必読の記事です!
 

asdfaklj hrsdfa ,uuuu

 
東南アジアのおすすめ記事 BEST 3
 

jvぞいxcz  weew  、ういゆ名称未設定 1


ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>