世界一身長が小さいピグミー族の村へ。~ピグミー族はスタミナ食として食べられていた~

 

首都カンパラでの賄賂・バス故障・スリを乗り越え

ウガンダに来たら是非会ってみたいと思っていた民族「ピグミー族」の村へ向かう。

世界一小さい民族と呼ばれるピグミー族とはいかに。

前記事:国境での賄賂、バスの故障で深夜到着、 一眼スラれる。

人生最悪の誕生日。~ブラックアフリカの洗礼~





スポンサーリンク

fczx

[socialbuzz /]


 

ウガンダの西、コンゴ民主共和国の近くにこのピグミー族の村がある。

ローカルバスの運転手にピグミー族に会いたいことを伝えると、

「ピグミー族は貧しい生活をしているから、こういうパンとか買ってくと喜ぶぞ」

と言われ、大きめのパンを買ってから向かった。

運転手が、ピグミー村への入口で降ろしてくれるのだが。

 

 

降りるとこの景色。この先にピグミー族がいるらしい。ウガンダの中でもド田舎の風景だな。

これ、ふつう複数人で来るやつかなあ。と思いつつ1人でそそくさと現地人に交じりながら歩く。

 

 

世界最小民族といわれるピグミー族とは、どんなに小さい人間なのだろうか。

事前に調べた情報で驚いたのは、ピグミー族は「戦時食」として、食べられていたという。

ピグミーの人肉食べると「不思議な力」が手に入るスタミナ食だという

不思議な信仰を持った人達がいたようだ。

内戦の続くコンゴで、政府軍兵士らに動物のように狩られ料理して、人間が人間を食べていたという。

しかも、それが「事実」だという確認もされている。

 

 

村に到着すると、まずは村長とご対面。

 

 

左が村長夫婦と子供。(村長の家で撮影)

まずは、入村料の交渉をしなければいけない。

行った人の話で聞けば10$~20$。ダンスを踊るのであればプラスで払わないといけないらしい。

若干の英語は喋れるらしく、まあ最初は多めに言われるのだが

買ってきたパンが功を奏して?15$とパンで入村+撮影許可をもらった。

まあそんなに旅行者来る場所じゃないから、来たときにできる限りお金が欲しいのは当然であろう。

 

あとは、自由である。

 

 

 

 

ピグミー族は、本当に小さかった!

自分が165cmで、肩ぐらいしか身長がない。

 

 

なぜ、こんなに小さいのか。

ピグミー族は狩猟民族で 熱帯雨林の密林で狩りをするため

独自の進化によって背が伸びなくなったと言われている。

 

 

 

だが、実際に見てみると半分ぐらいの大人たちは、そんなに小さくない。

子供たちも見る限りいたって普通の身長であり(途中で止まるらしいが。)

最近は多民族との交流もありピグミー族も減少しているらしい。

この村には、ぱっと見たところ30、40人ほどいるぐらいだろうか。

 

 

川魚を煮込んで料理をしていた。本当に家もなにもかも原始的な生活である。

この村の生計の1つとして、大麻を村のすぐそばに育ててお金にしている。

 

 

でべそのように下腹部が膨れているのは、栄養失調といわれる。

 

 

 

やはり、子供はどこの国でも可愛いものである。

彼らは写真を撮られるのが大好き。

 

 

 

 

 

みんな決めポーズがあるらしい。

 

 

 

 

このお婆ちゃんは撮影後、お金請求されたけど、悪くないポーズ。

 

 

日本の写真をプレゼントすると、興味深々。

大体これで仲良くなれるし、物をしつこく売られることも少なくなる。

話は少しずれるが、例えばあるマサイ族の村では旅人の間では、「観光民族」と呼ばれる。

観光客を喜ばせる民族的生活を演じ、とにかく物売りがしつこく、がっかりする旅行者が多いと聞いた。

 

 

 

 

ほとんど、子供たちと遊んで終わった。(笑

旅行者を楽しませようとしてくれていたのかもしれないが。

 

 

 

 

とにかくウガンダで一番楽しみにしていたピグミー族を

自分の目で見て、触れ合うことが出来て良かった!

 

 

 

やっぱりアフリカの旅は今までより段違いに濃いなあ。

1日1日が本当に濃厚で、日々新しい環境に精一杯である。

アフリカの最南端に立ったとき一体、どんな気持ちになるのか楽しみだ。

 

 

 

 

次回

『100日間で約80万が殺害された

ルワンダ虐殺の地に訪れた理由

 

 

絶景ビデオグラファーHENMIの映像作品を見る。

絶景をもっと見る
絶景ビデオグラファーHENMI

絶景ビデオグラファーHENMI

世界70ヵ国以上を旅しながら絶景を撮影するビデオグラファー (ウユニ1ヵ月撮影 / 南極 / 映像出版 / 世界一周 / 自転車日本一周 / ドローン / タイムラプス / 4K ) 日本では主にウェディング映像を撮影するカメラマン

最近の記事

  • 関連記事
  • 旅好き人気の記事
  • カメラ人気の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

オススメの絶景記事

  1. 【絶景映像あり】 フィッツロイトレッキングpart② 紅に染まる荘厳なるフィッツロイ ~パタゴニア・アルゼンチン~

  2. 地球最後の秘境ギアナ高地、美しきエンジェルフォール  ~ベネズエラ~ (ドローン絶景映像有り)

  3. 【ドローン映像有り】水面に映るピンク空。ピンクレイク ~メキシコ~

  4. 【絶景】 サハラ砂漠の感動の絶景  ~美しすぎる朝陽夕陽の瞬間~

  5. 【ウユニ絶景ドローン映像】世界一の絶景にて飛ばした、鏡張りドローン4K映像創りました。

  6. 【南極旅章No.1】人生で最も優雅な旅「12日間の南極船旅」の始まり、中南米縦断旅のゴール地点。

人気の記事

  1. 【旅人注意】日本人宿で起きた盗難事件。一時帰国する羽目になったわけと、犯人を捕まえるまでの一部始終。

  2. 自転車日本一周、世界一周の旅から5年経って思うこと。今に繋がっている事と、代償。

  3. 【東南アジアBEST3】面白かった国ランキング!!!

  4. [ 全四話 ] 至極の感動 涙のヒマラヤトレッキング7日間

  5. 南極旅情報【南極費用/ラストミニッツ/現地ツアー/オススメ旅行会社】

  6. 中南米&南極旅の絶景ルートと、予算公開!(メキシコ~南極まで/パタゴニアの周り方/絶景ポイント)

カテゴリー

PAGE TOP