パレスチナ自治区 ~ 悲しき分離壁に無数に描かれたアートたち(心の叫び) ~

[絶景] ヨルダンのペトラ遺跡 映画インディージョーンズの舞台となった古代都市

人間の負の遺産、鳥籠と呼ばれるパレスチナ自治区に訪れて感じたこと。~ イスラエル ~


 

イスラエル、パレスチナ自治区に訪れて感じたことをそのまま記した4記事をまとめる。

今までの人生や、日本に生まれたこと、旅をしていること、様々なことを振り返り考えさせられた。

パレスチナで起きている問題を知るとともに、何かを感じてもらえれば。

 




スポンサーリンク


▼ 最新記事の更新をお知らせする

 twitter    facebookas    mail






 

 

【パレスチナ自治区の記事】

【パレスチナ自治区ヘブロン】”本当の被害者”

パレスチナ自治区 ヘブロンの日常 |

パレスチナ自治区ベツレヘム ~デモで遭遇した黒マスクの少年~

パレスチナ自治区 ~ 悲しき分離壁に無数に描かれたアートたち(心の叫び) ~

 

下記に各記事の概要あり↓

 

 

【パレスチナ自治区ヘブロン】”本当の被害者”

 

世の中は不平等だ。(本文より)

パレスチナ人としてこの地域に生まれれば、

この狭い鳥籠のなかで監視されながら生活をしなければならない。

そして、僕はただの傍観者だ。

世の不平等を目の当たりにして、他の人間と自分の環境を比べ

日本は、自分はなんて恵まれている環境なんだろうと関心して、

目の前の不平等に何か行動する訳でもない。

 

 

パレスチナ自治区 ヘブロンの日常

 

パレスチナ自治区の印象が次第に変わっていく。(本文より)

当たり前なのだが、パレスチナ自治区も地域によって、人によって全く違うのである。

もっと大きく言えば、中東=危険だ、というイメージを最初は持っていたが各国を訪れてみると

そのイメージは変わっていくものである。

 

 

パレスチナ自治区ベツレヘム

~デモで遭遇した黒マスクの少年~

 

1人の少年がとても印象的だった。(本文より)

黒いマスクを被り、イスラエル兵に対して明らかに敵対心を持ち威嚇している。

この壁が人間が生み出した負の遺産であることには間違いない。

 

 

パレスチナ自治区

~ 悲しき分離壁に無数に描かれたアートたち(心の叫び) ~

 

この世界は、なんて不平等なんだろう、と思った。(本文より)

僕らの、普通の生活は、なんて幸せな環境なんだろうかと思った。

今までその現実を全く知らなかった自分を憂いた。

ふつうの日常は幸せで、普通に縛られる必要も無く、僕は自由だった。

 

 

【パレスチナ自治区の記事】

【パレスチナ自治区ヘブロン】”本当の被害者”

パレスチナ自治区 ヘブロンの日常 |

パレスチナ自治区ベツレヘム ~デモで遭遇した黒マスクの少年~

パレスチナ自治区 ~ 悲しき分離壁に無数に描かれたアートたち(心の叫び) ~

 

 

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で



スポンサーリンク

記事↓


 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

パレスチナ自治区 ~ 悲しき分離壁に無数に描かれたアートたち(心の叫び) ~

[絶景] ヨルダンのペトラ遺跡 映画インディージョーンズの舞台となった古代都市

タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です