【1ヵ月ウユニレポート②】大宇宙の絶景は週1回?もっとも見るのが難しかった景色は・・・(絶景写真あり)

【1ヵ月ウユニレポート④】カメラ好きのタメになるウユニ情報!絶景写真付き。(星空/雷/タイムラプス/レンズ/ドローン/共有方法/おすすめ宿/ビザ延長)

【1ヵ月ウユニレポート③】ウユニ行く人必見!!! 絶景を見るにはプライベートツアーが最も効率的!人気ツアー会社「穂高」情報有り。


 

今回は、最も効率的にウユニの絶景を見ることが出来たプライベートツアーについて。知らない人も多いですが、是非おすすめ。

自分が1ヵ月滞在して得た情報を惜しみなく共有させて頂きます!

 

~他のウユニ記事はこちら~

【1ヵ月ウユニレポート①】雨季の鏡張り絶景を見るのは、実は簡単ではなかった。~ 鏡張りの条件 ~

【1ヵ月ウユニレポート②】大宇宙の絶景は週1回?もっとも見るのが難しかった景色は・・・(絶景写真あり)

【1ヵ月ウユニレポート④】カメラ好きのタメになるウユニ情報!絶景写真付き。(星空/雷/タイムラプス/レンズ/ドローン)

【ウユニ絶景映像】1ヵ月26451枚の鏡張り4Kタイムラプス映像公開(3分)~朝陽・夕陽・青空・星空・雷~

【ウユニ絶景ドローン映像】世界一の絶景にて飛ばした、鏡張りドローン4K映像創りました。

世界一の絶景ウユニでウェディングフォトがオススメ!フォト数組&ウユニプロポーズの瞬間を撮影しました。



スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で



 

ウユニに来たら、青空・星空・夕陽・朝陽それらの絶景をできるだけ多く見たいと誰もが思うものである。

しかし、以前書いたレポートを見て頂くとわかるように、ウユニは「きまぐれ」すぎる。





3日間良い天気が続く日もあれば、3日間ダメな日もある。天気が悪い日は諦めるしかない。

つまり、ウユニの絶景を見る・撮るために肝心なのは、天気が良い日の時間の使い方である。

そして最も効率良く見れたのが、「プライベートツアー」である。

 

 

ツアー会社「穂高」を利用した理由と、ツアーの各時間帯

まず、元々のツアー内容を話さねばプライベートツアーのメリットがわかりづらいため、ツアーの概要を説明する。

僕は、日本人に人気な「穂高」というツアー会社を1ヵ月全て利用していた(15回ほど)。

理由は、スタッフの融通が利き、ドライバーも柔軟に対応してくれ良いスポットを探してくれたから。

(ほとんどのドライバーと同行したが、悪くおもったドライバーは誰1人いない。)

ドライバー同士で情報交換をしっかりしてくれる。なかでも、できる奴は他のドライバーから写真を送ってもらい

「今の場所と、こっちどっちが良い?」と聞いてきてくれた。

豆知識としては、お気に入りのポイントがあり次回ツアーに参加する予定がある場合に

Google MapやMapsMeでピンを指しておけば、次回もその場所をドライバーに提示することができる。

(基本的には毎回違うドライバーで、指名することは出来ない。)

 


 

穂高の通常のツアー時間帯は以下。

・デイツアー(10:00~15:00)

・サンセットツアー(16:00~22:00)

・スターライトツアー(23:00~3:00)

・サンライズツアー(3:00~8:00)

 

個人的(カメラ好き目線)に言うと、これらのツアーの時間帯はどこも物足りない。

条件が整った日の場合、これらの時間帯で過ごすのは勿体ないのである。

天気良いのにデイツアーだけで終えるのは勿体ない、とは言え連続で行くのは疲れる。あと3時間いれば夕陽も見れるのに。。

サンセットツアーは星を見れる時間が短すぎる(1時間ほど)。スターライトツアーは時間も短いし星オンリー。サンライズは、まあ悪くないか(笑

というように、おそらく物足りなくなるシステムになっている。

そこで、効率の良い「プライベートツアー」を発見し、以降ほとんどそれを使うようになった。

 

 

プライベートツアーのメリット


 

プライベートツアーとは、自分たちで時間帯を自由に決める方法である。

「穂高」では通常ツアーの時間帯しかないと思っている人が多いが、実はこちらの要望に親切に応えてくれる。

 

 

自分が最も良かったと感じる時間帯は、14:00~23:00

条件が整えば、昼の青空、夕陽、星空、すべてを見れる欲張りプラン。

先ほど言ったようにウユニの鏡張り条件が揃うのは意外と難しいので、見れるときに見るのが良い。

自分たちが見たいものを重視して自由に時間をずらすことができるのが、プライベートツアーの良いところ。

(ただ、10時間以上のツアーだと会社の規約としてドライバーをもう1人用意しないとダメだと言われ高くなる。)

例えば、星がとにかく見たい!ついでに夕陽も見たい!の場合16:00~24:00などで組むと良い。

普通のサンセットツアーだと、22:00まで(街に戻るのが)。日の入りが19:00だとすると、完全に暗くなるのは20:00ごろ。

綺麗な星を見る時間は1時間ぐらいしか時間がない。ペンライトで遊ぶなら全く時間不足。

 

 

通常ツアーは7人の場合、1人130ボリ(約2100円)(1ボリ=15,5円 2018年4月)

プライベートツアーは5時間(130ボリ)+1時間につき全体で100ボリ(2018年2月の穂高情報)。

例えば、通常より4時間長いプランだと、1人プラス1000円ほどの計算。カラオケ延長ぐらいの感覚でいれば安いものである。

街から、ウユニ塩湖は片道1時間ほどかかるから、連続で行くよりは一気に行ってしまうほうが

経済的にもお得だし滞在時間も大幅に増える。

 

 

あとは、通常ツアーと時間がずれるため、人が少ない状態で写真を撮れるのも良いところ。

 

 

一番良い方法は、固定メンバーを作ってプライベートツアーを組む


 

通常ツアーは、ツアー会社前に張り紙をしてメンバーを募集して6人~7人集めて結成する。

自分の好きな時間帯で組むには、自分がツアー主催者として張り紙を作成しメンバー募集するか、

一番良い方法は、宿などでメンバーを集めて固定メンバーを作ってしまう方法。

前記事で話した通り、ウユニの天気は非常に変わりやすい。

だから、その日ツアーに行くかどうかは、できるだけ当日の天気を見て決めたいものである。

直近で行って帰ってきた人の口コミも重要。

メンバーの人数が集まっているならば、当日の朝に申し込み、そのまま行くことができる。

メンバーを集める方法としては、宿で誘うか、ツアー会社前で勧誘するか。

ツアー内容的には魅力的だから、参加してくれる人が多い。

 

 

個人的にプライベートツアーで嬉しかったのは、

例えばトリックアートはもうやったからやらないでいい、塩の大地の場所はもう行ったから鏡張りにできるだけいたい

お土産屋は寄らないで良い。そういったこともメンバー間で話し合って決められるから好都合。

一度メンバーができてしまえば、次もプライベートツアーを簡単に組める。

(細かいことを言うと、張り紙をする場合、トリックアートはやらない、鏡張りだけ行く、

といったツアー主旨を書くと親切である。)

 

 

 

長時間のプライベートツアーを楽しむために。


 

ウユニの街の天気と、ウユニ塩湖の天気は全然違う。

(1ヵ月滞在すると、街から見るウユニ塩湖方面の天気や街で感じる風量でなんとなくわかるようになったけど笑)

辿り着いたときに天気が良くても、途中から崩れることもしょっちゅう。天気は良いのに、1日中強風で全然見えないとかもあった。

プライベートツアーは通常より長めに組むことが多いから、忍耐も必要になってくるわけである。

はっきり言うと、天気が悪くなってしまうとかなり時間を持て余してしまう。

そこで、プライベートツアーを楽しむためにやっていたことを書いていく。

 

 

・お菓子と酒を充実させる。


 

ぼくは毎回ピクニック気分で行っていた。毎回ビール2本とつまみ菓子を持っていくのである。

夕陽の絶景を見ながら飲むビールが最高で・・・。天気が悪くても車内とかでビール飲めれば楽しい。

街で売ってるポップコーンなども良いですね。

(ゴミはしっかり持ち帰りましょう。)

あ、ドライバーも長時間、暇なのでお菓子上げると喜びますよ。

「おなかすいた」とか日本語で自己申告するドライバーもたまにいるけど(笑

 

 

ついでに、お菓子類・酒がウユニで一番安い店を教えよう。

日本人に有名なホステル「Residential WARA DEL SALAR」の目の前に大きな「倉庫」があるのだが、そこが一番安い。

毎回そこで買ってからツアーに参加していた。ビールも店主のおばあちゃんに言えば出てくる。ちなみにワインも安くて味も悪くない。

一見気付きにくいが、見ればわかる。


 

・BGMを充実させる。

穂高の車の半分ほどは、Bluetoothが使えるので利用させてもらえる。往復の車のなかや、車内待機しているときに

音楽があるのと無いのとでは、だいぶテンションが違うものである。

ちなみに、満点の星空で、車から星っぽい雰囲気の音楽を流して眺めるのも良い。

 

 

あとは、トランプやったり、キャッチボールしてた人もいたな。

そうですね、基本的にぼくは酒があればなんでもいい(笑

あとハネムーンカップルやご夫婦であれば、ウェディングドレス撮影ってのもイベントとしては良いかも。

(穂高で無料レンタルできる/2018年2月情報)



 

 

ツアー会社「穂高」は、車の上に乗れる?乗れない?

 


 

ウユニで車の上に乗った写真を撮りたい、と思う人も多いかと思う。

ツアー会社「穂高」の場合、ほとんどのドライバーを僕は経験したので結果的に言うと「ドライバーによる」

つまり、ドライバーがOKと言えばOK、ダメだと言われれば乗れない。

おそらく会社の規定的には、もし事故が起きたときに責任を取れないからダメだ、ということになっているが

確率で言えば、半数以上のドライバーは乗せてくれた。1人1回ね、とか人によって条件付きだけど。

車に乗って移動させてくれる場合もあるし、ダメな人は絶対ダメ。

「車に乗せてくれるドライバーを用意してくれ」と頼んだときもあったが、断られることが多かった。

まあ、何回か行けば乗せてくれるドライバーがいると思う。

 

 


 

以上!

簡単にまとめると、お菓子と酒安く買って、穂高でプライベートツアー組むのが良かった!という話です。

ということで、これから行かれる方はプライベートツアーで自由に時間を組むのもオススメです~!

 







 

こちらのウユニ記事もどうぞ。





 インスタはじめました。フォローする(旅のドローン絶景等更新中!)

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で



スポンサーリンク

記事↓


 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

【1ヵ月ウユニレポート②】大宇宙の絶景は週1回?もっとも見るのが難しかった景色は・・・(絶景写真あり)

【1ヵ月ウユニレポート④】カメラ好きのタメになるウユニ情報!絶景写真付き。(星空/雷/タイムラプス/レンズ/ドローン/共有方法/おすすめ宿/ビザ延長)

タグ付けされた , , , , , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です