魅惑のキューバ ~ サンティアゴ・デ・クーバ ~ (シネマ風映像創ってみた。)

Wi-Fi1度も使えなかったキューバさよなら。そしてベネズエラはギアナ高地へ。

美しき夕陽と憩いのカリブ海。 ~ キューバ・トリニダー ~ (キューバ2分シネマ映像有り)


 

憩いの街トリニダーへ、南キューバから北上して着いた。

ここトリニダーは、訪れた旅人がまず第一に名前を上げる街。

実際に訪れてみると、その居心地の良さに、なるほど評判が良いのも納得である。

 

↓前記事



スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で


 


 

トリニダーは夕陽が美しい。

明日も夕陽が見たい、それだけでもう一泊したい気持ちになる。

実際多くの旅人は、トリニダーに予定よりも長く滞在してしまうのだ。

僕もその1人である。もう1つ違う街を訪れる予定ではあったが、ついつい。

 


 

だが、毎日夕陽が見れるわけではない。

今日は丘の上から水平線に沈む夕日を。明日は夕陽に染まる街中で。

そんな具合に美しき夕陽を見るのが待ち遠しい。

 


 

青背景に映える赤いクラシックカー。

 


 

世界遺産「イスナーガの塔」から眺める緑の田舎風景は美しい。

 


 


 


 

キューバは意外にも海が綺麗なのである。

カリブ海のビーチで昼寝。良い響き。

 


 

キューバで絶対撮りたかったカットがある。

「葉巻をふかしてる、イカしてるおっちゃん」のアップ。

日本の地元のバーで、キューバの葉巻吸ってる写真を店に飾りたい、と言われたからである。

 

 

 

被写体を常に探していたのだが、面白いことに気付いた。

葉巻を吸う人の大半は、くわえながらは、煙を吐かないのである。

口から葉巻を外して、1秒してから吐くから、思っていた画がなかなか撮れなかった。

 

 

しかし、街はずれの廃墟のような家の壁にもたれながら吸っていた、このおっちゃんは

口にくわえながら、上手に煙の吐く。「かっこいいね!」と言いながらここぞとばかりに容赦無く撮らせてもらった。

 

 


 

キューバは今まで40か国以上旅したなかでも、一番のアイスクリーム天国である。

大体僕は、旅中1日に2つぐらいはアイスを食べるのだが

ここキューバは10円ほどで美味しいアイスが食べれる。

 

 


 

夜でも、比較的安全に歩けるキューバ。

 

 

写真と動画は、撮り方が変わる。

写真は一発決めればOKだが、動画は被写体に変化(良い瞬間)が出るまで

ブレないようグッと息を止めてずっと構えてないといけない。一脚等も使うわけでもないからギュッと脇を締める。

治安が悪いところでは、カメラをある程度露出させないといけないから、撮るのが難しい。

データが少しずつ増えてきて気付いたが、映像は自然と風景に寄ってしまうようである。

その点、キューバは人の表情も映像で撮れて楽しかった。

 

 


 

家族で路上ダンス大会。

混ざって一緒に踊ってみたら、みんな総立ちで踊って盛り上がった!

 


 

 

キューバの何が楽しかったといえば、やはり「人」である。

笑顔が、綺麗。こっちまで笑顔になるような温かい表情。

チェ・ゲバラの言葉を思い出す。

 

 

『未来のために今を耐えるのではなく、未来のために今を楽しく生きるのだ。』

 

なんとなく、それがキューバ人のラテンの血にも生きているような気がして。

 

 

 

今を楽しく生きる。それがいい、

 

 

 


 

キューバの匂いを映像で、是非ご覧あれ。

【10日間のキューバを2分のシネマ映像にしてみた。】

 



 

 

次回

『 Wi-Fi1度も使えなかったキューバさよなら。そしてベネズエラへ。

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で



スポンサーリンク

記事↓


 ↓記事1-2  2↓記事  5↓記事





32↓記事  4↓記事  6↓記事

 

 

tesy12

camera 1 camera 2 camera 3




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、いいね ! しよう。
 最新記事の更新をお知らせします。

Twitter で

魅惑のキューバ ~ サンティアゴ・デ・クーバ ~ (シネマ風映像創ってみた。)

Wi-Fi1度も使えなかったキューバさよなら。そしてベネズエラはギアナ高地へ。

タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です