聖なる河に昇る神妙な朝日 ~ インド・バラナシ ~


 

DSC_8355

 vac

 twitter    facebookas    mail

jgf




jggにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

fczx

 

fczx

ガンジス河沿いにある死体焼却場

あまりにもリアルな 「死」 の匂い。

ここは、自分の生と死を見つめる場所でもある。

死体に投影して書いた遺書は、灰となって聖なる河に散った。

自分が今、この場所で出した答えを忘れないように燃やしたのだ。

 

(前記事 ⇒ 見つめる生死、燃えゆく遺書 ~聖なるガンジス川のほとりで~)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いつもと同じように、朝5時すぎになると、鈴の音とおっさん達の低い歌声が聞こえてくる。

朝一番の沐浴をするための、毎日恒例の儀式のようである。

ガンジス河の川岸側にあるフレンドゲストハウスにも、その不気味な歌は響いてくるのだ。

迷惑なことに、その声で毎日起こされる。

 

しかし、窓を覗くと、河の向こう側からは薄霧からもうすぐ朝陽が出そうな雰囲気

ぼくは、カメラを抱えてすぐに飛び出た。

ここのところずっと朝は雨で、出発するまでにガンジス河に昇る朝日を見れるチャンスはこれしかないかもしれない。

 

DSC_8601
 

霧の中から、忽然と姿を現した太陽

綺麗だ。絶景の中で見る朝陽とも違う、この混沌とした世界で見る朝陽はどこか

不気味さを漂いつつも、神妙な光景で見とれてしまう

 

肌寒いほどのこの季節の朝によく入るものだ

寒い素振りも見せず、静かに沐浴をしている

朝陽が現れたとき、彼らも見とれているのがわかった。

 

DSC_8595
 

眠気はすぐに吹っ飛び、カオスな街が目覚めていく姿に5感が刺激されていく

 

DSC_8647
 

女性は、サリーを着たまま入っている。

入ったあとはさすがに唇を薄紫色にして、寒そうな顔をしている

 

DSC_8650
 

DSC_8572
 

このカオスなバラナシにも、日本で見る太陽と、同じ太陽が昇ってくる

日本からもこの太陽が見えるかと思うと、不思議な気持ちだ。空もそうである。

日本の日常で見上げる、空。バラナシと繋がっている。

 

こんなにも違う世界なのに。そんなわけで朝日を見ると、地球ってまわってるんだなって思う。

日本で朝日を見ると、ガンジス河にもこの太陽は昇ってるんだなって、思う。

地球は不思議で、そんな当たり前を不思議に思ってしまう自分も不思議だ。

 

ここでは、ガートに座って陽に当たりながら本を読むのが贅沢な時間なのだ

3年前この街を訪れたときと同じ本を読む

『かもめのジョナサン』

1匹のカモメがひたすらスピードを求める物語

本を読むときは、自分が何かを感じた文章にラインを引く癖がある

同一本を持ってきたため、前回引いたピンク色のラインが残っているのだ

今回引いた青線と見比べてみると、どうやら違う文章に共感するところが多く、感じ方が少し変わったのかなと思った。

 

DSC_8666
 

陽が昇らない朝もある。それも、妙妙たる雰囲気を醸し出していて嫌いではない。

 

DSC_9207
 

DSC_8837
 

ガンジス河は、公共の風呂でもある。

 

DSC_8629
 

DSC_9186
 

DSC_8883
 

DSC_8853
 

異国感に満ちている。

いろんな国を訪れたが、やはりバラナシは唯一無二の場所だ

訪れたからこそ言える無責任な発言だが、

バラナシを知らずして、死ぬのは今となってはありえない。

こんなおもしろい街を僕は他に知らない。

 

よく、おすすめの国を聞かれたりするのだが、「 スリランカとか、ネパール、イラン、モロッコとか楽しいよ! 」

などと答えるが、いつも1つ付け加える。

「 価値観変えたいなら、インドだね (笑 」

といった具合に。行ったことない人には、無性に行って欲しいと思ってしまう(笑

 

インドという国は、自分の中では少し特別かもしれない

あるインド好きの旅人が言っていた

 

 

初めての国を旅するときって、

一番最初が新鮮で面白いよね

でも、インドは行くたびに面白くなってくるんだ

 

 

それほど魅力の詰まっている国、インド病(インドが病みつきになってやめられない病気)

というものがあることも納得できる

 

インドの旅も、ここで最後かと思うと寂しいものである。

1度目は、北インドの黄金ルート横断

そして今回2度目は、南部を中心に周りインド縦断

次来るときは、首都のデリーよりさらに北部、ラダック地方へ訪れたい!

本当にインドはでかすぎる・・・

3回目訪れたら、インド病予備軍確定だな

 

DSC_8865
 

DSC_8659

 

インド人が掃き掃除している姿を見るだけで、感心してしまう自分が歯痒い

 

DSC_8744

 

宿の向かいのお家の子 。インドの子供は、目がクリクリしてて可愛い。

逆に、このカオスな地で育った子たちが、日本の原宿やら秋葉原にきたら、カオスって思うかもな。

そういやメイドカフェってまだ行ったことないな。今度行ってみよ。

 

DSC_9141

 

DSC_9142

 

朝のガンジスを見たあとは、お気に入りの店で10円ほどのチャイ(インドのミルクティー)とクッキー、でくつろぎ

そして、ふたたび宿に戻って昼までゴロゴロするのである。午後はふらふらと散歩する。

 

もうすぐ、次の国へ移動だ。

なんだかんだ、1ヶ月インドにいると知らない間に刺激と共にストレスが貯まっているみたいだ。

そう、次の国は、旅人の間で楽園と呼ばれている国 「ネパール」

ネパールでは、ヒマラヤトレッキングをする予定で、今行けばベストシーズン!

東南アジア最後の国ネパールで、癒されてから、どっかに飛ぼう。

まだ中東、ヨーロッパ、アフリカ、南米があると思うとあんまりノンビリしてらんないな。

さて、次はどこへ飛ぼう。まだ決めなくていっか。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ(  1位から世界一周者のブログランキングも覗けます。)

次回

『 【インド三大祭り】 唖然!インドの神様をガンジス川に、

次々とブチ込むダシャラー祭り 』

DSC_9005
 

↓ 最新の記事を更新したとき、メールにてお知らせできます


 



スポンサードリンク



おすすめの記事

bitmap  bitmap

bitmap  text4430


タグ付けされた , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>